コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

一人分の収入でなんと貯金まで! シングルマザーがやってる「節約術」

マネー

2019.05.01

 

shutterstock_1081849367

共働き夫婦でも貯金するのは大変なもの…シングルマザーであればなおさらです。児童扶養手当や医療費控除などの補助があったとしても、出て行く生活費に比べたら…。そんな厳しい状況のなかで、シングルマザーたちが特に節約しているのはどんな点なのでしょう? 3人のシングルマザーに聞いてみました。

 

大きな支出「家賃」を抑えるために引っ越し(優子さん / 32 / 事務職)

私が住んでいたのはそこそこの地方都市。2LDKの賃貸住宅だと、安くても月7万円ほどかかる場所です。私が住んでいる県では高いほうでしたが、両親が高齢なので県外に出ることは考えられず、少しでも過ごしやすく家賃の安い場所を探しました。

いまの家賃は、駐車場代込で月4万円ほど。毎月3万円浮いた分はできるだけ子どもの進学費用として貯蓄に回しています。通勤や通園に車を使っていたため車はキープ。ほかの固定費を減らす策です。

我慢したことといえば、都会の利便性を手放したことぐらいでしょうか。とはいっても取り立てて生活が不便になったわけでもなく、まったく後悔はしていません。

他にも細かい節約はもちろんしていますが、大きく支出を減らせたのはやっぱり家賃。給料としての収入は月15万なので、毎月3万ずつ貯金して、ボーナスなどもなるべく使わずに貯蓄に回しています。その成果として、5年間で220万円貯めることができました。

電力自由化をきっかけに通信費と電気代を見直し(幸世さん / 36 / 介護士)

shutterstock_400407415

電力自由化で通信会社が電気サービスを開始したのを機に、いろいろ乗り換えて節約しています。特に通信費は携帯電話の乗り換え割など、さまざまなサービスを活用しない手はないですからね。

携帯は、スマホじゃないと割引の対象にならないケースもありましたが、私が契約しているところはガラケーでもOK。割引サービスとポイントキャッシュバックがあり、貯まったポイントで買い物もできるんです。

ちなみ、携帯も電気も、乗り換えるときにはほとんどお金はかかっていません。もちろん、日々電気代を考え節約していますが、電力会社を変えただけで、電気代の支払いが月々約2000円も安くなって! 本当に嬉しい限りです。

■食べ盛りでも、食費をできるだけ節約できるように工夫(千尋さん / 27 / 保険営業)

shutterstock_333757007

わが家には保育園に通う3人の子どもがいます。育ち盛りなので、夕飯に3合のご飯を炊いても「足りない!」となることも。これからもっと食費にかかるお金が増えるな…と頭を悩ませていました。子どもたちには我慢をさせず、でも食費は節約したい!

職業柄、いろんな職業・年齢の方とお会いすることが多く、おつき合いも長い関係です。少しずつ新しい知り合いが増えて、なかには農家の方も。仲良くなるうちに、お米を安く売ってもらったり、野菜のおすそ分けをいただいたりするようになりました。

おかげで、食費が月5000円も浮くように。ついつい農家のお客さんのところにばっかり行ってしまって、ほかのお客さんのところに行く時間がなくなるのが悩みですね(笑)。

shutterstock_592582859

節約の方法はさまざま、我慢のしどころも家庭によってそれぞれです。一人分の収入で大変な状況のなか、節約して貯金までしているシングルマザーたち。母は強し!

ライター:武田みゆき
女の子と双子の男の子、三人の育児に励むシングルマザー。旦那を見切って、保険のお仕事と、医療・美容コラムのライターのお仕事を兼業中。毎日、一進一退中!? 働くママ、がんばります!

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る