注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

懸賞生活も悪くないかも~こんな副業もアリ

マネー

2019.05.29

164-1

副業解禁でサラリーマンも副業探しを始めているという働き方改革元年。あなたもどんな副業がいいかと気になることでしょう。

今の時代はFXや株、不動産など多様な投資スタイルがあるし、インターネットを利用したクラウドソーシングなどスキマ時間を使える副業も盛んです。

そんななか、地味ではあるけれど、居ながらにして欲しいものをゲットできる懸賞も‟りっぱな副業”といえるでしょう。今回は、そんな懸賞生活についてご紹介しましょう。
 

<懸賞が大流行り>

かつて懸賞生活をテーマにした番組もあったそうですが、今やネット上はもちろん、雑誌やタウン誌など、懸賞情報がいたるところに溢れています。

ズバリ「懸賞生活」というサイトもあるほど。ワンクリックで懸賞に応募できるということで、当たりはずれはあるものの、随分カンタンに懸賞に参加できるようになりました。

ところで、今ドキの懸賞の賞品ってどうなんでしょう。

サイトを覗いてみると、大きなものでは自転車・バイク・自動車から、金券類では旅行券・商品券・クオカードなどいろいろ。シャンプーやティッシュ、洗剤、オーラルケア製品、化粧品など生活用品もあれば、ゲーミングモニター、ノートパソコン、ゲーム機などコンピュータ関係の製品、おもちゃやシルバー用品まで勢ぞろいです。

コツコツ応募して、こうした賞品を手にできれば、それはそれで十分な副業ですよね。

当選したけれど、自分には不要なものだわという場合には、オークションで売るなり、金券ショップで換金するなりすればいいのですからね。

懸賞は毎日締切が設定されているものがあるくらい、頻繁に、大量に行われています。

上のような賞品の獲得を目指して応募する方法のほかに、締切日から探して、「今日は大安だから!」などと、応募する方法もあるでしょう。

また、はがきやline、facebookなど、SNSの種類別に応募する方法もあります。

何千人何万人もの当選者が出るものから、地域限定・利用者限定など間口の広くないものまで、規模の違いで選ぶこともできます。自分の好きなスタイルを選んでできるのも懸賞のよいところです。

懸賞生活を送ろうという人なら、日々応募にいそしむことでしょう。

そこで、次は、当選するコツというものがあるのか、調べてみました。

<当選するには>

インターネット上には、懸賞マニアと呼ばれる人たちのサイトも満載。よく読んで参考にさせてもらいましょう。

単純に考えても、応募する人が少ない懸賞のほうが当選確率は高くなるのは分かりますよね。

懸賞の2タイプである、オープン懸賞(誰でも応募できる)とクローズド懸賞(シールを集めるなど応募条件がある)では、当然手間がかかるクローズドの方が当選確率が上がると、マニアはいいます。

ただ応募するより、あれこれ手数がかかれば面倒だ→応募するの止めよう、と考える人もいるからです。

「当選したいなら、面倒な条件のものに応募せよ」ということでしょう。

また、別のマニアによれば、懸賞なんてどうせ当たらないと思って応募する人より、絶対当てるぞという意気込みで応募する人のほうが当選確率が高いとのこと。

う~ん。本当でしょうか。でも、‟やる気が運気を呼び込む”といわれれば、その通りかも、と思ってしまいますね。

なお、当選の裏ワザともいえる点を一つお知らせしましょう。

それは、懸賞の応募先に注目することだそうです。

宛先が企業の私書箱なのか、雑誌などの編集部なのかによって、当選するためのコツが異なるとのこと。

編集部など比較的規模の小さいところなら、応募したはがきやメールをよく読んでもらえそうですから、感想などは具体的に書いて、好意的な印象を与えるようにアピールするといいようです。

目立つようにはがきにデコレーションをするという手法は、ひと昔前からいわれてきましたよね。

もし、大量の応募が届くようなところなら、応募者の名前に家族名を使ったりして、当選確率を上げるという手が使えます。

同一名でどんなにたくさん応募したとしても、管理によっては一人分としてしか換算されず、ほかはハネられるということもあるとか。

いずれの場合も、年齢や職業など応募者が記入する部分が多いほど、懸賞といってもアンケートに近いものだと考えた方が当選の可能性が高まるそうです。

 

164-2

 

<自分にあった懸賞生活を>

当選のコツをお知らせしたところで、当選した場合の注意点も付け加えておきましょう。

もし、高額な賞金が当たったら~。宝くじなら1等賞が当たっても、税金(所得税)はかかりませんが、懸賞の賞金となるとそうはいきません。

賞金の額によっては、翌年の確定申告が必要となることもあるので気をつけましょう。

また、今回はおもにサイトや雑誌の懸賞を想定していろいろお伝えしましたが、地域で発行されているタウン誌なども狙い目だということです。

やはり、読者数が限られるので当選確率が上がるのでしょうか。

また、ラジオというのも案外いけるというマニアもいました。

ラジオ番組の中で伝えられる懸賞では、概ね番組内のスタッフがリスナーからの応募はがきを読むことが多いので、番組内容の感想などを丁寧に書けば、確率はかなり高くなるとのことです。

以上、懸賞というスタイルのあれこれをお知らせしました。

大モノを狙って当てにいくより、毎日毎日コツコツと応募して、いいもの・楽しいもの・生活に役立つものを少しずつ手に入れたいと、健気な懸賞生活をよしとするマニアもいます。

さあ、あなたはどちらのタイプでしょう。

あなたにあった懸賞生活を見つけてくださいね。

 

懸賞生活の入門ともいえる情報をお伝えしましたが、いかがでしたか。

みなさんの懸賞副業生活に役立てていただければ幸いです。幸運をお祈りしています。

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る