注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

1着いくらが妥当?ベビー服と家計のほどよいバランス

マネー

2019.04.07

2019.04.08

20190125beb-fuku01生まれたばかりの赤ちゃんには、何かとお金がかかるもの。オムツなどの消耗品をはじめ、ベビー服にも気を遣わなければなりません。実は最近、「ベビー服にはどれくらいお金をかけるべきか?」というお母さんの疑問に大きな注目が集まっていました。

 

ベビー服は意外と高い!


あるお母さんには、生後2カ月になる赤ちゃんがいます。本格的に寒くなってきたので何を着せようか調べたところ、ベビー服の値段が想像以上に高くて驚いたよう。「赤ちゃんは吐き戻しも多いので、着替えも必要。人によってはパジャマと部屋着を分けているようだし、何着も持っていなければなりませんよね?」と動揺を隠せません。そこでお母さんは“ベビー服1着あたりにどれくらいお金をかけるべきか”について、先輩ママたちへアドバイスを求めます。

 

するとネット上には「1000円くらいのものを何着か持っていましたが、吐き戻しでガンガン洗うからダメになるのも早かった」「ウチは古着屋で購入してます。100円~1000円程度で色々あるから便利だよ」「安く済まそうと思えばできるけど、やっぱり生地や質もそれなりだよね。せめて1着2000円くらいのものがいいかも」など、具体的な値段を教えてくれる人が続出しました。

 

子どもの成長も考慮して服を買う必要がある?


メーカーによって値段も大きく変わってくるベビー服ですが、中にはセール時に半額~7割引きになる場合も。「セールを狙えば良いものが相当安く買えることもある。定価では手が出せないけどね」「ガンガン汚れるから安物しか買わない人もいるけど、良い素材の服は何度洗ってもしっかりしてる。しかもセールを逃さなければ全然安く買えるよ!」「良いメーカーのベビー服をセール時にまとめ買いするのが、結局一番コスパがいいのかもしれない」という声も少なくありませんでした。

 

しかし成長の早い乳幼児は、ベビー服があっという間にサイズアウトしてしまうもの。「2人目、3人目が生まれることを考えて高いベビー服を買うべきか…」「オムツ代もバカにならないし、正直家計が火の車」といった嘆きも聞こえてきます。

 

人によって考え方はそれぞれですが、「高い服を2、3着持ち、他は全て安物」「安い服しか買わない」「いずれお下がりができるように全て高い服」などのパターンが見られました。“いずれは着れなくなるもの”ということを踏まえ、お財布と相談しながらベビー服を買っていくのが良さそうですね。

 

被服費は歳を重ねる毎に減っていく!


財団法人こども未来財団の「子育てコストに関する調査研究」によれば、子どもの被服費が一番かかるのは0歳児という結果に。また0歳~5歳児までの推移を見てみると、歳を重ねる毎に少しずつ減っていくのが分かりました。

 

0歳児にお金がかかるのは、「何も持っていないので、初めて購入しなければならない」という理由から。また衣料費にはオムツも含まれているため、他の年齢に比べてどうしても金額が大きくなってしまうようです。

 

ちなみに3歳~5歳児はオムツの必要がなくなる一方、成長に伴って衣服の消耗も増加。幼稚園や保育園などに通いはじめる子どもが多くなるので、「新学期には服の新調で出費がかさむ」と嘆くお母さんも少なくありません。

 

サイズの問題もありますが、実際には季節毎でもベビー服を購入する必要が出てくるでしょう。上手にやり繰りして少しでも出費を抑えたいですね。

 

文/牧野聡子

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る