注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

節約生活の中にもメリハリを!「プチ贅沢」のススメ

マネー

2019.01.04

112-1

家計を預かる身としては、少しでも節約をしようと思うものです。けれども、節約を意識し過ぎて楽しみが全くなくなってしまっては、あまりに味気ない暮らしになってしまって、心がギスギスしてしまうことになってしまいかねません。

節約生活の中に「プチ贅沢(小さな贅沢)」を取り入れることで、節約生活も楽しいものに変わります。

そこで、おススメのプチ贅沢をいくつかご紹介することにしましょう。

◆世帯の人数と支出、理想的な生活費の割合

プチ贅沢にはどんなものがあるかご紹介する前に、まずは、世帯の人数と収入・支出の関係について総務省が2016年に行なった「家計調査」の結果を確認しておくことにしましょう。

1人(単身)世帯の1ヶ月当たりの支出はおよそ16万円なのに対して、4人世帯の1ヶ月当たりの支出はおよそ32万円になっています。

支出だけを単純に比較すると4人世帯は単身世帯の2倍の支出になりますが、1人当たりの支出は単身世帯の4分の1の金額になります。

また、理想的な生活費の割合についてもご紹介しておくことにしましょう。例として4人世帯(夫婦+子ども2人)の割合を見ておくことにしましょう。

食費15%、住居費25%、光熱・水道費6%、家具・家事用品2%、被服費3%、保健医療費6%、通信費6%、教育費12%、教養娯楽費2%、交際費2%、こづかい10%、貯蓄8%、その他の消費支出3%になります。

こうした比率が分かれば、ご自分の家庭の家計と比較して節約生活を行なう際に削ることが出来るものと、削ることが難しいものが分かるのではないでしょうか?

◆プチ贅沢とは?

今ではすっかり定着した感のあるプチ贅沢ですが、プチ贅沢とは何なのか、ここで簡単に復習しておくことにしましょう。

プチ贅沢とは、普段の生活や行動の範囲内で、無理をすることなく手を出すことが出来る少しだけ高級路線の商品やサービスが対象となります。プチ贅沢を手に入れるためには、大幅な出費を行なう必要はなく、「ちょっとだけ奮発する」と言った感覚で手に入れたり体験したりすることが出来る範囲の贅沢を言います。

プチ贅沢は、気分転換やストレス解消を目的として行なわれるようになり、自分へのご褒美としてプチ贅沢を行なうケースも多くあります。

それでは、プチ贅沢にどの位の費用をかけているのでしょうか?年代別に見てみることにしましょう。男性の場合は20代10,493円、 30代 29,614円、40代34,810円となっています。女性の場合は20代 8,353円、30代15,389円、 40代14,343円 となっています。

また、プチ贅沢としては、各年代とも食事が半数以上を占めています。内容としては、スイーツと外食が多くなっています。

プチ贅沢に関して求めるものは、男性の場合は「ワンランク上のサービス・商品」、「一点豪華主義」、「普段より高い物を購入する」といった金額的な面に重きを置いている傾向があるのに対して、女性の場合は「心の潤い」、「頑張ったご褒美」、「小さな幸せ」といった情緒や感情面を重視している傾向にあることが分かります。

◆おススメのプチ贅沢

112-2

それでは、定番のプチ贅沢から最近人気のプチ贅沢まで、おススメのプチ贅沢をご紹介することにしましょう。

●プチ贅沢の定番「スイーツ」

プチ贅沢と言えば大半の方が「スイーツ」を思い浮かべるのではないかと思われるほど、スイーツはすっかりプチ贅沢の定番として定着してしまっています。

人によって内容は様々ですが、100円アイスではなく高級アイスを購入したり、デパ地下や高級食材を取扱っているお店で、輸入菓子を購入したりすると言った比較的手軽に出来るプチ贅沢スイーツを楽しんでいる人が多くいます。

●お取り寄せグルメ

インターネットの発達によって、とても手軽に日本全国色々な地域から物を購入することが出来るようになりました。そのため、プチ贅沢として「お取り寄せグルメ」を利用している人も増えて来ています。商品の種類も増えて来ていますので、お取り寄せグルメがプチ贅沢の定番になるのではないでしょうか?また、お取り寄せグルメは注目してから届くまでのワクワク感も楽しむことが出来ます。

●インスタント食品

インスタント食品と聞くと、プチ贅沢として疑問に思ってしまう方もいるかもしれません。けれども最近のインスタント商品の中には、贅沢な材料を使用した「プチ贅沢」と呼ぶに相応しいものも増えて来ています。

インスタント食品には、いくつかのラインが用意されています。気軽に手軽に利用してもらうことを目的としている低価格なラインと高級志向のあるラインがあります。

●数十円~数百円プラスすることで楽しめるプチ贅沢

今回ご紹介するプチ贅沢の中では、最も手軽に行なうことが出来るプチ贅沢になります。

普段食パンを食べている人や、コーヒーを飲んでいる人にとっては、数十円あるいは数百円プラスすることで、少しだけ贅沢を味わることが出来る食パンやコーヒーが用意されています。毎日の食卓やコーヒーブレイクの中で実に手軽に味わうことの出来るプチ贅沢と言えるでしょう。

節約生活の中で、手軽に楽しむことの出来るプチ贅沢について見て来ましたが、チョットした贅沢を味わうのは、ワクワクしたり、思わず笑顔がこぼれてしまったりするものです。

是非、積極的にプチ贅沢を取り入れて節約生活の中にも心の潤いやささやかな幸せを味わってみるようにしてはいかがでしょうか?

プチ贅沢を取り入れることで節約生活の励みにもなりますし、良い気分転換にもなりモチベーションもアップすることでしょう。

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る