注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ベビー用品を“レンタル”するという選択

マネー

2019.01.16

77-1

そろそろ赤ちゃんを迎える準備をする際に、ベビー用品を購入しようか、それともレンタルにしようか迷っていませんか?

赤ちゃんはアッと言う間に大きくなりますので、ベビー用品を使う時期は限られてきます。使わなくなってしまった後のことを考えると、保管場所や費用を考えるとレンタルした方が良いのではないかとも思えてしまいます。

そこで、ベビー用品をレンタルする際のメリットとデメリットについて考えてみることにしましょう。

◆ベビー用品それぞれの使用期間

ベビー用品として必要な主なものは、肌着(50cm)、肌着(60cm)、ウェア(50cm~70cm)、紙おむつ(新生児用)、おむつカバー(50cm)、哺乳瓶&乳首、ベビーバス、ベビーベッド、ベビー布団、チャイルドシート(乳児・幼児兼用)、A型ベビーカー、B型ベビーカー、抱っこ紐(新生児からのタイプ)になります。

これらの中で、肌着、ウェア、紙おむつ、おむつカバー、哺乳瓶&乳首は消耗品として購入することになると思いますので、まずは、これらを除いたベビー用品について、それぞれの使用期間について確認しておくことにしましょう。

ベビーバスは使用期間が生後1ヶ月から2ヶ月位で、使用期間が最も短いアイテムと言えます。

A型ベビーカーも生後7ヶ月位で、B型ベビーカーを使うことが出来るようになりますので、使用期間が短いものになります。

ベビーベッドやベビー布団は、家庭によってかなり差がありますが、1歳前後でほとんどの方が使わなくなるようです。

B型ベビーカーは生後7ヶ月から2歳位まで、抱っこ紐が最も使用期間が長く3歳前後まで使用するアイテムになります。そして、チャイルドシートは4歳位まで使用することになります。

◆ベビー用品をレンタルするメリット

77-2

ベビー用品の使用期間について見てきましたが、1年以内で使用しなくなる可能性の高いものがとても多いことが分かりました。

そのために、わざわざ購入するよりもレンタルした方がお得なように思えますが、実際のところはどうなのでしょうか?

そこで、ベビー用品をレンタルするメリットについて考えてみたいと思います。

ベビー用品をレンタルするメリットとして、次のような点をあげることが出来ます。

1.費用を安く抑えることが出来る
2.処分する必要がない
3.使い勝手などを試すことが出来る
4.汚れや破損は保険で対応
5.赤ちゃんの成長に合わせて借りられる
6.必要なときだけ借りることが出来る

レンタルであれば、購入するよりも費用を安く抑えることが出来ますし、使わなくなった時はレンタル品を返せば良いだけですので、置き場所や処分に困ることもありません。

また、せっかく購入しても、赤ちゃんが気に入らなくて使わなかったり、使い勝手が悪くて使わないままになってしまったり。というリスクを回避することが出来ます。

万が一、汚してしまったり、壊してしまったりした時でも保険で補償されますし、修理やクリーニングに出したりする手間もかかりません。

更に、赤ちゃんの成長に合わせて必要なものを借りることが出来ますので、購入したものと違い、合わないものを我慢して使用し続けるといった必要もありません。

そして、レンタルの場合は、例えば旅行の時だけ。といった具合に必要に応じて借りることが出来るので、大変便利です。

最近はレンタルもネットで簡単に手続きを行なうことが出来ますので、申し込みも手間もかからなくなっています。

◆ベビー用品をレンタルするデメリット

それでは、次にベビー用品をレンタルするデメリットについて見てみることにしましょう。次のようなデメリットがあります。

1.レンタル期間が長くなると割高になってしまうことがある
2.当初予定していたレンタル期間よりも長い期間必要になったとき、延長出来ないことがある
3.下の子どもが出来たとき、レンタルだと割高になることがある

ベビー用品も物によっては、リサイクルショップで買った方が安いケースもあります。また、当初予定した期間よりも長くレンタルをしたいと思ったときに、次に借りる人が決まっている場合、延長出来なくなってしまう可能性があります。

また、二人目、三人目とお子さんが増えた時には、その都度レンタルしているとレンタル料金の方が割高になってしまうこともあります。

ベビー用品をレンタルする時には、これらのデメリットを十分に理解した上で、レンタルされることをおススメします。

◆まとめ

ベビー用品をレンタルするメリットとデメリットについて確認して来ましたが、使用期間が限定されているベビー用品は、費用の面と使わなくなった後の保管場所や処分する手間や費用を考えると、レンタルの方が手軽でおススメと言えるでしょう。

また、下のお子さんが出来たときのことを考えて購入を検討される方もいるかも知れませんが、ベビー用品も常に進化を続けています。そのため、古いベビー用品よりも新しい物の方が使い勝手が良くなっているということもあります。

特にベビーカーやチャイルドシートは赤ちゃんの安全性や快適さを考えて開発されて、新しいシステムが採用されています。

そのため、赤ちゃんの安全性と快適さを最優先させるのであれば、その時の新商品をレンタルするのが賢明な選択と言えるでしょう。新商品が発売されるたびに購入するのは大変ですが、レンタルし直すことは簡単です。

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る