注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

初めてのベビーカー❹失敗しない「中古品」購入はここをチェック!

マネー

2018.08.17

「ベビーカーを買おうと思ったら値段の高さにびっくり!」なんて方もいるのでは? 新生児のうちはA型を、少し大きくなったらB型に買い替えようと思ったら、合計で10万円近い出費になることも。

そこで、中古ベビーカーのご提案。「短期間しか使わないA型は中古品を安くゲット→B型は新品を買う」など工夫すれば、かなりの節約に! 今回はリサイクルショップやネットオークションなどで、中古ベビーカーを購入するときのポイントを紹介します。 

shutterstock_528753118

クリーニング&点検状況を要チェック!

リサイクルショップや中古品を扱うネットショップでは、かなり割安な値段でベビーカーを手に入れることもできます。

でも、ちょっと待って! 汚れが気になってシートを買い替えたり、あとから付属品を買い足すことになったらお得感は半減。中古品は値段だけで飛びつくと失敗する可能性もあります。これからお話しする4つのポイントをしっかりチェックして、納得の1台を選びましょう。

Point❶クリーニング済みかどうかをチェック

シートだけでなく、背もたれやハンドル、タイヤまわりなど自分ではきれいにできない部分も汚れがつきやすいもの。しっかりクリーニング・洗浄してあるか確認しましょう。ベビー用品クリーニング専門店「ベビーランド」によると「クリーニング済みのベビーカーはタイヤまでピカピカだし、シミもほとんど取れていて、赤ちゃん特有の匂いも消えているのですぐ分かります」とのこと。自分でクリーニングに出すこともできますが、専門店の場合、クリーニング代4000円程度~に加えて送料などもかかり、結構な出費に。せっかく安く買った意味がなくなってしまうので、クリーニング済みがオススメです。

shutterstock_200985581

Point❷シートカバーの清潔さをチェック

最初に目につくシートカバーは、一番汚れが気になる部分。クリーニング済みのベビーカーは、シートもつけおき洗いなどできれいになっていますが、なかには落ちないシミがある場合も。食べこぼしや飲みこぼし、汗ジミは気にならないか、破れやほつれがないかをチェック。そして実際に触って、毛羽立ちや手触りもチェックしましょう。

Point❸説明書や保証書、付属品の有無をチェック

取扱説明書や保証書は、後々必要になることが多いので要確認。レインカバーやショルダーストラップなどの付属品があるかどうかも重要です。電車やバスでの移動が多いとショルダーストラップが便利だし、雨の日にはやはりレインカバーがあると重宝します。

shutterstock_1073807510

Point❹タイヤの状態をチェック

「初めてのベビーカー❷」の記事でも書いたとおり、ライフスタイルやどんなところで使うかによってタイヤの大きさや数は重要、減り具合や汚れも確認しましょう。ベビーカーは新商品が次々と出るので、中古品だと、例えば衝撃吸収機能などは新商品に比べて劣ることも。さらにタイヤが摩耗していたりガタつきがあると、乗り心地が悪かったり長く使えない可能性もあるので要注意です。タイヤ交換ができるものもありますが、数千円かかることを考えると手痛い出費です。

ネットで買うときは、使用年数と状態を細かくチェック!

オンラインショップやネットオークションで現物を見ずに購入すると、押し心地や使い勝手が想像とは異なる可能性があります。

できれば実際の店舗で現物を確かめるほうが安心ですが、もしオンラインショップで購入する時は、先ほどのポイント❶~❹についての説明をチェックし、気になる部分はメールで確認したり、画像を送ってもらうと安心です。

ネットオークションでもネット上で質問できるものもあるので、不安な点は事前に解決してから入札しましょう。また、送料も要確認。ベビーカーは「大物」だけに、遠方からだと送料が数千円かってしまうこともあります。

shutterstock_341466839

クリーニングに出すなら、洗剤・洗浄法までチェック!

オークションなどでクリーニングしていないベビーカーを購入した場合、自分でクリーニングに出すと気持ちよく使えてオススメです。ベビー用品クリーニング専門店「ベビーランド」では、経年劣化や生地の傷み具合など、その品物に合った洗い方や乾燥温度や乾燥時間でクリーニングしてくれます。

クリーニングは、下記の手順でていねいに行われます。

1)商品の状態(パーツの過不足や傷み具合など)をチェック
2)外せる部分(日よけシェードやシートなど)を外す
3)赤ちゃん用弱酸性石けんで本体を手洗い
4)シートなどはつけおき洗いしてしっかり乾燥
5)カビが生えている場合は塩素系洗剤を使用してカビ落とし
6)本体は専用大型乾燥室で乾かす
7)仕上がりチェックと動作確認

shutterstock_115909456

 国産ベビーカーであればほとんどのシミは落ちるのだそうですが、外国製ベビーカーは無理に落とすと色落ちしてしまうことがあるので、シミが残ることもあるそう。

「ベビーランド」の場合は料金に往復の送料が含まれているので、住んでいる場所によって金額が異なります。たとえば関東地方の場合、一般的なベビーカーであれば送料込み7560円(持ち込み&引き取りの場合はクリーニング代4860円のみ)。約1週間でピカピカになって戻ってきます。これなら中古品でも安心して使えますね。

リサイクル品を購入する場合はすみずみまでしっかりチェックして、納得いく品物&方法を選んでください! 

<取材協力>
ベビー用品クリーニング専門店「ベビーランド」

電話0120-141488(または042-791-0323)

ライター:田村みのり会社員(人事・経理)を経てフリーライターに。年金組合の破たんで数百万円を失った経験から、分散投資の重要性を痛感。その後、教育資金・老後資金を貯めるために投資信託や株、純金積立などさまざまな財テクに挑戦してきた実績を持つ。女性誌やwebでマネーや教育、生活情報記事などを執筆。高校生、大学生の2児の母。

こちらもチェック▼
初めてのベビーカー❶失敗しない「選び方のコツ」をプロに聞きました!!
初めてのベビーカー❷ライフスタイルとベビーカー選びのコツ
初めてのベビーカー❸少しでも安く買いたいときの「3つのお得ワザ」

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る