コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

”ストレスのない節約”の投稿がリアル過ぎてすぐ真似したい

マネー

2018.06.20

20180620setuyaku01

節約すれば家計は大助かりですが、ストレスが溜まって長続きしなかった経験のある人も多いはず。楽しく節約するために、世の中の女性たちはどのような工夫をしているのでしょうか? 今回は、無理せず実践できる節約方法をご紹介します。

 

みんなが実践している節約法って?


今年6月、女性用掲示板に“楽しく節約する方法”というタイトルのスレッドが立ちました。スレッドを立てた女性は「最近節約しているのですが、節約ってストレス溜まります」という悩みを打ち明け、「楽しく節約する方法などがあったら教えて頂きたいです」と相談。ゲーム感覚で節約できる方法を募集しました。

このスレッドに、「断捨離してみる! 本当にいる物かどうかわかる」「買うものをすべて揃えてレジに並ぶ前に、1つだけ買わないものを決めて棚に戻す。家に帰ったらその金額を貯金箱に入れておく。1カ月でけっこう貯まるよ」「私はクレジットカード生活が合ってた。コンビニとか細かい支払いも全部カードにするとネットで月の支出がいつでも見えるから、使いすぎてる時は抑えようと思う。うまく抑えられてる時は嬉しくてもっと節約しようって気持ちになる」といった具体的な方法が。

また、「メリハリつけたほうがいいと思う。プチ外食はいっさいやめるけど、スーパー行くときは少しいい肉を買って食卓充実させるとか。ご褒美ないと続かない」「自分の価値観を見直してみる。ブランドが好きなら、ブランド物を大切に使う。コーヒーが好きなら美味しい豆を買ってみる。満たされる部分があると他は無駄なんだなって気づくと思う」「欲しいものが浮かんだり見つけたりしたら、とりあえずそれを書き留めておいてすぐには買わない。〇〇頑張った後のご褒美にしようかな~とか何となく決めて、たまにそのノート見て頑張る」など、ご褒美方式を採用している人もいるようです。

方法がわからないから節約できない?


今年4月、ソフトブレーン・フィールド株式会社が「家計に関する調査」を実施。その結果、「節約意識」があっても「家計の見直し」の経験がある人は少数だということが判明しました。

「普段の生活の中で節約意識はありますか?」と質問したところ、「強く意識している」という人が23.6%、「まあまあ意識している」人が57.4%で、8割以上が節約を意識していることが判明。節約する理由は「老後のための資金」が47.7%で最多に。僅差で「生活費に余裕がある状態ではない」が46.1%で2位、「出費がかさんでいる」が22.7%で3位という結果になっています。

しかし「家計の見直しをしたことがありますか?」という質問には、「見直しをしたことがある」人は48.1%に留まり、「見直しをしたことがない」が51.9%という結果に。「見直しをしたことがある」と回答した人のうち、「継続した家計の見直しができている」人は32.7%。また、「見直しをしたことがない」と回答した人のうち「見直しをしようと思ったが、行動には至らなかった」人が25.5%もいることが判明しました。

「行動には至らなかった」という人からは、「見直したいと思っても、ハードルが高い」や「どうしたらよいかわからない」といった声が上がっているようす。実際に節約をしている人の方法を参考に、楽しく家計を見直してみてはいかがでしょうか?

 

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る