注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

話題の節約術「#ポイ活」ほぼタダで買い物の声も!?

マネー

2018.06.14

20180614poikatu01今注目を集めているのが「ポイ活」と呼ばれる節約術。インスタグラムなど各種SNSでも話題になっており、「#ポイ活」というハッシュタグを調べるとおトクなポイ活情報がたくさん登場しました。

 

これからの時代の疲れない節約術「#ポイ活」


婚活や妊活など「〇活」というワードが次々と登場していますが、果たして「ポイ活」はどんな活動なのでしょうか。ネット上では“ポイ”というフレーズを聞いて、「要らないモノをポイポイッて捨てることかと思った」と断捨離をイメージする人もチラホラ。しかし「ポイ活」は“ポイント活動”の略で、買い物の際に発生するポイントやクーポンを上手にやりくりする節約術を指します。

 

ポイントシステムは多くの場所で採用されており、代表的なものは「Tカード」など各種ポイントカードや「楽天市場」のようなショッピングサイト。ポイント数に応じて買い物や換金ができるシステムで、ポイントは購入した金額や回数が多いほど貯まっていきます。コツコツ貯めていくイメージのあるシステムですが、少し工夫するだけで思いもよらぬ高ポイントをゲットできるケースも。

 

インスタグラムでは主婦を中心にポイ活が流行しており、「別のポイントサイトを経由してからショッピングサイトでポチると、2つのサイトでポイントが貯まるからおトクです」「新規登録でポイントがもらえるだけでなく、LINE登録でクーポンがもらえるサイトがおすすめ! 両方登録したらほぼタダで買い物できました」といった報告が多数寄せられています。

 

ポイントサイトを経由して新たなポイントを入手するシステムは様々なシーンで採用され、中には「スーパーのチラシをポイントサイト経由でチェックしたら、ポイントが貯まって特売情報も確認できて驚き」という報告も上がっていました。

 

またポイ活に注目したスマホアプリも配信されており、ネット上では「FiNC」というアプリが話題を呼んでいます。スマホを持って歩けばアプリが歩数をカウントし、目標歩数に達するとポイントをゲット。獲得したポイントは美容・健康グッズが揃ったセレクトショップで使用可能となっており、ユーザーからは「ダイエットとポイ活が同時にできるとは…」「スキマ時間で上手くポイ活できて嬉しい!」と好評の声が相次いでいます。

 

毎年多くのポイントが“つけ損ね”となっています


ポイ活を続けるうえでありがちなミスが、ポイントカードの忘れ物。昨年「CCCマーケティング」社は、2050代の男女を対象に「ポイントカード所持に関する意識調査」を実施しました。調査によると、会計時にポイントカードを忘れた経験のある人は全体の8割近く。世代別で見た場合、30代女性が最もカードを忘れた数が多いと判明しています。その後は40代、50代の女性が続く結果に。

 

関西大学名誉教授・宮本勝浩先生の試算によれば、ポイントカードを忘れたり提示しないことによりつけ損ねたポイントの年間総額は576億円にも上るよう。宮本先生はさらに「消費者が仮に全てのお買い物でポイントカードを提示した場合、日本全体の経済的波及効果は1245億円である」ともコメントし、ポイントによる経済効果の大きさを強調しました。

 

これからポイ活を始める人は、ポイントのつけ忘れに注意しましょう。

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る