コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

コロナ禍で上がった水道光熱費、すぐ下げるには?

マネー

2020.11.06

新型コロナウイルスの影響で、自宅で過ごす時間が多くなったからか、水道光熱費の支払いが増えてしまった人も、少なくないでしょう。支出は減らしたいけど、チマチマした節約はしたくない。そこで、家計再生コンサルタントの横山光昭さんに、「面倒な手間がかからずに、水道光熱費をガッツリ節約する方法」をたずねました。

水道光熱費の目安は手取り月収の57%以内

「電気料金が昨年よりも5%以上増えた」「水道料金が月15002000円ぐらい上がった」——。新型コロナウイルスの感染拡大が始まってから、例年よりも水道光熱費の支払いが増えているという声は、弊社のスタッフからも聞かれます。

 

一時的に仕方ないこととはいえ、コロナの影響が長期化することも見据えると、余計な出費は抑えたいものです。本来、水道光熱費は、手取り月収の57%以内に抑えるのが目安。たとえば、夫婦合算の手取り月収が40万円だとしたら、2万円~28000円以内に抑えたいところです。

 

目安の金額を大幅にオーバーしていたり、以前よりも増えていたりする人は、出費について見直しをした方が良いでしょう。

 

暖房をつけずに服を着込んで節約、なんてしない!

ただ、日々努力しないといけない節約方法では長続きしません。「暖房をつけずに服を着込んで、電気代・ガス代を節約」「お風呂はシャワーで済ませて水を節約」をしても、体調を崩して余計な医療費がかかったら、本末転倒です。

 

そこまでムリをしなくても、水道光熱費を下げる方法はあります。1回の手間だけで大きく節約できる方法がいくつかあるので、まずはそこから始めましょう。

 

>>NEXT 電力自由化を活用して、年間1万円を削減

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る