注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「戦略的に」「楽しく」「疲れずに」セールを攻略する方法

マネー

2017.12.22

【この記事は、CHANTOママライターによるウェブ限定記事です】

                       

ライター名:hana

 

年始の楽しみは色々ありますが、私は初日から開店ダッシュで毎日デパートに行くほどのセール好きです。

新年セールにこれからでも行きたいと考えている方のために、「戦略的に」「楽しく」「お得に」「疲れずに」セールを攻略する方法をお伝えします。

201712-1

攻略法その1:クローゼットの現状を把握し、セールで買いたいものリストを作る

まず、現状のクローゼットの中にある服もしっかり把握し、その上で欲しいアイテムや色・形を明確にしておく。

このステップこそ、セールでやりがちな「何となく」「勢いで」「安かったから」の衝動買いを防ぎ、お得に長く愛用できるお気に入りを買う第1歩です。

 

攻略法その2:事前準備を制するものはセールを制す!

セールが始まる前にお気に入りのショップで下見をします。特にパンツやスカートなど試着室でじっくり着比べたいものを試着し、気に入った商品の品番をメモしておきます。

いざセールになった際に、買いたい物が値下げされていれば試着せずにすぐに買うことができます!これは混雑するセール会場で疲れずに買い物するためには非常に重要です。

もちろん、12月に店頭に並んでいる商品がすべて新年にセール価格になるわけではないですが、もし値下げされていたら即買いです。

 

攻略法その3:春先まで着れるものを選ぶ(但し、コートやダウンなど定番品の大物をセールで狙う場合は除く)

年始に真冬ものを買っても着用時期は短いので、ウールのニットやストールは薄手で色は明るいもの、ボトムスならば通年着れる素材、が狙い目です。

私は、真冬にはロングニットとして着られ、春先には羽織として使えそうなこのニットを購入しましたが、予想通りヘビロテしています。

201712-2

ファーのバックもセールでよく見かけますが、個人的な意見としては、季節限定素材はむしろセールまで待たずにシーズン初めに買って使い倒す方が結局はお得かなと思います。

 

攻略法その4:セールに行く服装は?軽装で、似合う服を着て行こう!

デパート内は暑いので薄着が基本。カバンは両手が自由になる小さ目斜め掛けがベスト。トップスは、ノースリーブもしくは半袖のカットソーにカーディガンがお薦め。試着室に並ばずともカーディガンやシャツを鏡の前で羽織って試すことができます。デパート内で暑い時の体温調節にも◎。
 
ボトムは、主にスカートを買いたいのであれば合わせたいタイツやストッキング、ブーツ等を履いていきます。
主にパンツが買いたいのであれば、自分の手持ちのパンツで一番スタイルが良く見えるものを履いていきましょう。欲しいパンツを試着した際に見比べて、自分に似合うかどうかの判断材料となります。

靴はあわせたい高さのヒールもしくは歩きやすく着脱が簡単な靴が便利です。

 

攻略法その5:オンラインショップやプレセールを活用しよう!

お正月は忙しくてセールに行けない、セールの混雑は苦手、という方はオンラインショップを活用しましょう。
その場合も、洋服はやはり事前に店舗で試着することをお薦めします。
特にセール品は返品・交換不可な場合がほとんどなので、無駄なお買い物にならないように要注意です。
 また、最近は12月からプレセールも盛んです。12月のプレセール中は、店舗もまだ空いているので試着もスムーズですし在庫も豊富です。

昨年末、Demi-Luxe BEAMS のオンラインショップで会員限定の値下げを知り、店舗に行って試着してからセール価格で買えたのがこちらのブラウスです。ずっと前にショップで見かけて気になっていたのでとても嬉しかったです!

201712-3

攻略法その6:事前に下見ができない場合①普段からよく行くショップ・ブランドで買うのが安心!

セールでいつもと違うお店に行き、ゆっくり品定めするのが難しい中で普段と違うテイストの服をセールのハイテンションで買ってしまうのは危険です。
買い慣れているお店であれば、手持ちの服との相性も良かったり、サイズ感もわかりなすいので失敗しにくいです。 

 

攻略法その7:事前に下見ができない場合②色・形・素材などにちょっとでもマイナス要素がある場合は買わない。

価格に踊らされて衝動買いをしがちなセールでマイナス要素を見て見ぬふりをすると、似合わない形で太って見える、色があわせづらい、と着なくなってしまう可能性が高いです。安くても手を出さないようにしましょう。 
 
セールはうまく活用できればとてもお得で楽しいです。ぜひ参考になさってくださいね。

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る