注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

キャッシュレス決済で20%還元!増税後でも買い物がもっと安くなる!?

マネー

2019.11.09

増税によって、「普段買っていた物が高く感じる…」という声は少なくありません。そのため、キャッシュレス決済でポイント還元を利用している人も。通常なら2~5%の還元率ですが、各社が行うキャンペーンに参加すると“20%”も還元されるようです。

 

20%還元に加えてポイントも付与!?


大手クレジットカード会社の「JCB」では、スマホ決済した金額の20%がキャッシュバックされるキャンペーンを実施中。期間は12月15日までで、発行会社がJCBグループの“クレジットカード・デビットカード・プリペイドカード”を持っている人が対象となります。

それらのカードを「Apple Pay」か「Google Pay」に設定したら、あとは同キャンペーンに応募するだけ。お店の端末にスマートフォンをかざして支払えば、後日20%分を差し引いた状態でお金が引き落とされる仕組みです。

 

同キャンペーンはカード1枚につき最大1万円までしかキャッシュバックされませんが、「JCBグループ発行のカード」を複数枚登録しておくことでかなりお得に。例えば対象カードを2枚持っていた場合、合計で「2万円」まで還元されます。

 

「JCBのカードを持っていない」という人は、「JCBオリジナルシリーズ対象カード」を作るのがおすすめ。12月末までJCBの「Oki Dokiポイント」が10倍になるキャンペーンも行っているため、スマホ決済キャンペーンと組み合わせればさらにお得。セブン-イレブンやビックカメラなどの対象店舗で使用することで、20%還元されるだけでなくポイントも通常の10倍貯まりますよ。

 

条件を満たせばかなりお得!?


JCB以外にも“20%キャッシュバックキャンペーン”を行っている会社がありました。

三井住友カードでは、12月27日までに新規入会後アプリにログインすれば20%還元の恩恵を受けられます。カード発行日によってキャンペーン適用期限は異なってきますが、VISAとMasterの両ブランドから選べるのが魅力的。スマホ決済はもちろん、クレジットカード払いでも還元されるとのことです。

 

また、みずほ銀行でも同様のキャンペーンが。銀行口座から即時に引き落としできる決済サービス「Smart Debit」の利用で、金額の20%が戻ってきます。対象は“みずほ銀行の口座を持っている人のみ”ですが、「Mizuho Suica」の新規発行でさらに20%キャッシュバック。期間は12月15日までなので、この機会に試してみるのもアリかもしれません。

 

各企業が実施するお得なキャンペーンに対して、ネット上では「キャッシュレス決済を活用すればこんなにお得になるなら、始めてみようかな」「欲しいものは20%還元される内に買っておかなきゃ」などの声が寄せられています。

 

セキュリティー面が不安!?


現金を持ち合わせていなくても買い物ができるスマホ決済。実際に活用している人はどれほどいるのでしょうか?

株式会社オレンジページは今年、「スマホのキャッシュレス決済」に関するアンケート調査を実施。20歳以上の女性1079名に、「スマホ決済を設定していますか?」とたずねました。

 

結果を見ていくと、「スマホ決済を設定している」と答えた人は29.9%。一方で「スマホ決済は設定していない」との回答は70.1%にのぼっています。

 

設定していない理由として、最も多かったのは「不正利用などのセキュリティーに不安がある」の71.2%。他にも、「現金やカード払いなどに慣れている(48.8%)」「アプリのダウンロードや設定操作が複雑すぎる(22.2%)」などがあげられていました。

 

続いて、スマホ決済の利用者に“設定しようと思ったきっかけ”を質問。「お得なキャンペーンをやっていた」という理由が67.6%でダントツの1位に。キャンペーンに魅力を感じてスマホ決済を始める人は多いようです。

 

決済方法は人それぞれですが、できるだけお得になる方法を実践していきたいですね。

 

文/長谷部ひとみ

参照/株式会社オレンジページ「スマホのキャッシュレス決済」https://www.atpress.ne.jp/news/196302

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る