注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ネットスーパーでの買い物は結局、得なのか損なのか!?

マネー

2019.09.22

食料品や日用品を購入する際、普段からネットスーパーを利用しているという方は多いのでは?

 

仕事が終わって保育園にお迎えにいき、それから子どもを連れてスーパーに買い物にいくのはなかなか大変ですよね。一方、ネットスーパーなら家に届けてもらえるので、重い荷物を持ち歩かなくていいのが嬉しいところ。

 

ただし、やはり送料や会費が気になります。商品もスーパーで買うよりも高いイメージがあるのでは。時間や手間を考えて、値段は高くてもしかたがないと割り切っている人もいるかもしれません。

 

実際のところ、ネットスーパーで買い物するのは損なのでしょうか、得なのでしょうか?改めて考えてみましょう。

 

ネットスーパーのメリットは?


ネットスーパーは、大手のスーパーが運営していることが多く、スーパーの商品がそのままネットの中に陳列されているようなイメージです。ネット上での買い物は、店舗にわざわざ足を運ばずに済ませることができるので、時短が実現し、忙しい働く女性にとっては強い味方になってくれます。


注文も、仕事や育児の合間にできます。荷物も家まで持って帰る必要がないので、1人では持てないような重いものを、大量に買うことだってできます。子どものお迎えのあと、真っ直ぐ帰宅することができるだけでもかなりラクですよね。

 

実は節約ができてしまうって本当?


イメージ的に店舗で買うよりも商品が高そうですが、実はそんなことありません。店舗と同じ料金に合わせていたり、場合によっては店舗で購入するより安いことも。また、店舗で買うときと同じようにポイントが付くことも多いので、ポイントを貯めたり、ポイントを利用して買い物をすることができます。

 

全国展開の有名大手スーパー3社で、商品以外にかかる送料などの費用を見てみると、以下のようになりました。

 

・イトーヨーカドーネットスーパー

送料324円。子育て世帯には4年以内の母子手帳を提示すると、さらに安い100円になります。

 

・RakutenSEIYUネットスーパー

一定金額以上の買い物をすれば送料無料。

 

・イオンネットスーパー

注文金額が6,000円未満なら324円、6,000円を超えると無料ですが、それも地域によって料金が異なりますので確認が必要です。ママ割りはキャンペーンなどで行われます。ちなみに入会金や会費は全て無料でした。

 

このように、各ネットスーパーで料金設定が異なりますが、購入金額の他にも料金がかかることを考えると、店舗での購入よりも損のような気がしますよね。

 

しかし、考えてみてください。ネットでの買い物は、その時に必要な物を確認しながら購入することができて、目の前で金額も表示されるので、予算に合わせて商品を選ぶことができます。そうすることで、ムダな買い物をしないで済むのです。

 

店舗での買い物は、頭の中で計算するのも大変だし、セール品につられて購入した後などに「これは必要なかった」なんてことになってしまいがちです。子どもも一緒だったら、ついつい子どものお菓子なども、余計に買ってしまったりしませんか?子どももパソコンの画面を通して一緒に買い物をすると、目の前にお菓子がある時と違って冷静に選ぶこともできます。

 

つまり、家計費においてムダな出費がなくなるということは、節約につながるということです。店舗と違って時短ができること、荷物を持たずに済むこと、子どもとの時間を持てることなど考えたら、送料分の出費も納得できるのではないでしょうか。

 

>>NEXT ネットスーパーならではのサービスを知ろう

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る