注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

増税前の買い物は逆効果!? 今買うべきものが知りたい!

マネー

2019.09.25

2019年10月1日から、消費税が10%に引き上げられることに。

8%から10%とその差は2%ですが、高価な買い物をすればするほどその2%でも家庭には大きな負担になります。日々の小さな買い物でも「ちりも積もれば山となる」ので、これまた家計にはボディブローのように徐々に打撃を与えてきます。

そこで、今回は消費増税を前に買っておくべきものについてご紹介したいと思います。

 


増税対象品目を知っておこう


「軽減税率」という言葉を聞いたことがあることでしょう。この軽減税率とは「食品表示法に規定する食品」のことで、一定の一体資産を含むものを指します。しかしそれには「酒税法に規定する酒類」は該当しません。

これだけみると結局何が該当しているのかよく分かりませんが、大きく分けると以下のようになります。

 

【軽減税率対象】

飲食料品(食品表示法に規定する食品)

牛乳、野菜、お肉、魚といった人の飲用又は食用に供されるものを指します。これらのものを購入するときにかかる消費税は8%のままになります。また、週2回以上発行される新聞も対象となります。

 

【標準税率対象】

酒類、外食、ケータリング等、医薬品

これらは軽減税率には当てはまらないので、10%の消費税がかかってきます。

 

しかし、この標準税率項目のなかにも例外があります。

お店でその場で食べるいわゆる「外食」だと消費税は10%かかりますが、テイクアウトやピザなどの宅配に関しては8%。また、ケータリングでも有料の老人ホームなどで行う際の食料品の提供も消費税は8%になります。

 

 

あわてて増税対策しなくていいものはなに?


「増税されるからいまのうちに買っておかないと!」という気持ちはよく分かります。しかし、何もかも増税前に買っておくべきかというと、それは少し違うと言えるでしょう。

 

例えば、新築の家を建てるとき。もちろん家にも10%の消費税は適用されるのですが、新築を建てる場合、「すまい給付金」といって、一定以下の収入の人が住宅ローンを借りて、消費税が%の家を買う場合(家の新築も含む)、最高30万円の現金がもらえる制度があります。

この場合は消費税が8%だと30万円ですが、10%に上がった場合、給付金の額は最高50万円に引き上げられます。

 

そして住宅減税でよく聞く「住宅ローン減税」を申請すれば、1年間で上限が40万円で、さらにそれが10年間控除されるので、最大400万円も控除されることになります。

これだけなら8%と10%との違いはないのでは?と思われるかもしれませんが、令和元年10月1日からの消費税率10%が適用されると、控除期間が延長されることが決まっています。

 

しかもその延長期間は3年なので、8%の10年間より、10%になってからの13年間になれば最大で500万円近くの控除を受けられることになるのです。


腐らないもの・保存がきくものは買っておくべき


消費税8%のときに購入しておいたほうがお得なものと、そうでないものがあります。買っておいて損がないものは、タバコ、お酒類、指定のごみ袋(地域によって異なる)などです。

 

消費期限がないものや消費期限が長いものであれば、8%のうちにある程度なら買いだめしておくことが1つの節約ポイントです。しかし、買いだめし過ぎてしまい、消費期限が切れてしまっては意味がないので「適度に買いだめ」することが重要です。

 

市や区の指定されたゴミ袋はそれぞれの自治体や地域によって対応・対策がなされることがあるので、地元の市役所などに聞いてから増税前か後で買うかを判断しましょう。

 

大型家電や車などは増税後に購入するという選択肢も


冷蔵庫やクーラー、洗濯機など大型の家電は価格も上がるので増税前に買っておきたいところですが、ここにちょっとした落とし穴があります。

 

最近の家電は、節電・節水などの機能が毎年上がっているので、増税前に型落ちのものを狙うと価格は安いですが機能は旧型ということになってしまいます。そのため、長い目でみると、最新の技術で作られた家電のほうが電気代などが安くなるケースが。

電気屋さんに行けば色んなメーカーのカタログがあるので、価格の前にまず機能を比べてみることをおすすめします。

 

車も電気自動車などエコカー減税対象車が多くなる場合があります。地域によっては、完全電気自動車を購入し、自宅に充電器を設置する際に、補助金が出たりすることもあります。こちらも地域別になってしまうので、各市町村の役場に相談してみましょう。

 

増税前セールに惑わされないように注意!


まずは軽減税率対象のものと、そうでないものを把握しておき、10%になっても必ず必要なものは、賞味期限が長い物や飲食に関係のないものを8%の間に買っておきましょう。

そして高額なものには控除や補助金が出る場合があり、それらは8%のときに買うより、10%になってから購入したほうがお得だったりすることがあります。

 

増税前に販売店などがセールをしてくることが予想されます。しかし、セールは増税とは関係なく、毎年やっていますよね。長期にわたって使うものや、現在必ず必要なもの以外は、無理に8%のうちに買わなくても問題ありません。

 

増税前の今このときは、本当に必要なものを見極めて買い物をすることが大切です。

 

【参考サイト】

消費税率引上げに伴う住宅取得に係る対応について(国土交通省)

 

文/今野由奈

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る