注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

なんと90%オフも!賞味期限切れ食品で賢く節約生活を

マネー

2019.08.15


食費の節約になる!と、近年注目を集めているのが「賞味期限切れ食品」です。賞味期限切れ食品ばかりを集め、激安価格で販売するショップも人気が高まっていますよね。

とはいえ、「賞味期限切れ食品って本当に大丈夫なの?」「いったいどこで購入すれば良いの?」など、気になる点も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、話題の賞味期限切れ食品について、気になる点をまとめます。

 

■賞味期限と消費期限

賞味期限切れ食品を取り入れよう!と思った際に、まず気になるのが、その安全性についてです。いくら価格が安くても、家族に安心して食べさせられないものはちょっと……と思う気持ち、よくわかります。

賞味期限切れ食品の安全性について理解するために必要なのは、「賞味期限」と「消費期限」、二つの期限について正しく把握することです。

農林水産省によると、消費期限とは、適切に保管されていた場合、記載されている「年月日」まで、「安全に食べられる期限」のことを指します。つまり消費期限は、「期限切れの場合は食べない方が良い」とも言えます。

消費期限が設定されている食品としては、以下のようなものが挙げられます。

・お弁当
・サンドイッチ
・ケーキ
・生めん

どれも傷みやすいもので、食べる際には注意が必要なものばかりです。

一方で賞味期限は、適切に保管されていた場合、記載されている「年月日」まで、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のことを指しています。賞味期限が過ぎてしまったからといって、すぐに食べ物が傷んでしまうわけではありません。

多少品質が劣ってしまったり、風味が落ちてしまったりすることはあるものの、「食べられない」というわけではないのですね。

賞味期限が設定されている食品の例は、以下のとおりです。

・スナック菓子
・カップ麺
・缶詰
・チーズ

消費期限が設定されている食品と比較すると、腐りにくく長持ちする食品が多いことがわかります。

■賞味期限切れ食品を購入できるショップ4選

通常のスーパーなどでは、「賞味期限間近の商品を割引販売する」ケースはあっても、「賞味期限切れの商品を積極的に販売する」というケースはそれほど多くはありません。お店側が、お客様の目に触れないよう、処分しているためです。

ここに目を付け、積極的に販売を行っているのが、近年注目を集めている「賞味期限切れ食品店」です。賞味期限切れ食品を購入したい!と思ったときに使えるお店を、4つ紹介します。

★ルピシア ボンマルシェ 代官山店

美味しいお茶を数多く扱っている、ルピシア。贈り物としてもピッタリですし、また素敵な商品が多数揃っているお店の雰囲気が好き!という方も多いのではないでしょうか。

そんなルピシアでは、2018年1月から、『ルピシア ボンマルシェ 代官山店』にて賞味期限切れ食品の販売をスタートさせています。気になる価格は、特別価格の20円(税込)!

普段はなかなか手に取らないような商品も、この価格なら……と手が伸びやすくなりそうですね。

★マルヤス 大森町店

近年、メディアにも取り上げられる機会が多い、『マルヤス 大森町店』も賞味期限切れ食品を積極的に扱っています。賞味期限間近なもの、賞味期限が切れてしまっているものなど、激安価格で販売中です。

取扱商品は時期によって違いますし、欲しいものが必ずある!というわけではありませんが、通常では考えられないような激安商品が数多く用意されています。

掘り出し物を探す感覚で、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

★NPO法人全国もったいない市場

こちらは「賞味期限切れ食品で儲ける」のではなく、「困っている人のために役立てる」ことを目的として活動している団体です。

賞味期限切れになっている食品や、期限が間近に迫っている食品などを積極的に集め、それを必要としている方の元へと届けています。

賞味期限切れになっている食品を廃棄しなければ……と思ったときには、ぜひ一度、『NPO法人全国もったいない市場』に連絡をしてみてください。また食品を必要としている場合には、サイトからその旨を送信しましょう。福祉施設をはじめ、各支援団体や、食料品を必要としている方々に無償で配布されます。

★eco eat 玉川店

こちらは、先ほど紹介したNPO法人全国もったいない市場が運営する店舗です。こちらの店舗では、一般の方であっても誰でも自由に買い物ができます。

賞味期限が切れているものの、魅力的な商品を激安価格で購入できるお店として、地域の方々に愛されています。

もちろんこちらも、入荷状況によって取扱商品が変わってきます。お得さを求めるのであれば、こまめにのぞいてみるのがオススメです。

 

■まとめ

日本では、食べきれないまま廃棄されてしまう食品が、年間600万トン以上もあると言われています。まだ食べられるはずのものを、どんどん捨ててしまっていると考えると……やはりもったいないですよね。

賞味期限切れであることを認識した上で、激安価格で商品を購入できるのであれば、「ぜひ積極的に活用したい!」と考える方も多いのではないでしょうか。

賞味期限切れの激安商品を上手に家庭に組み込むことで、食費全体を抑えることにもつながるのかもしれませんね。

ただし「安いから」という理由で、あれもこれもと買いだめするのはオススメできません。自分自身が廃棄することにならないよう、食べきれる分量だけ買い求めてみてはいかがでしょうか。

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る