コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子どもとの旅行はお得に楽しく!節約旅行術を実践してみよう

マネー

2019.07.31


連休には、家族で旅行に行きたいなぁと計画するママも多いことでしょう。とはいえ家族全員での旅行となると……正直、旅費の負担も重くなってしまいがちです。

子どもたちとの旅行の思い出はプライスレスでも、実際のお財布へのダメージは、できる限り小さく抑えたいところ! こんなときには、以下で紹介する旅費節約のコツを実践してみてくださいね。

■コツ1「旅行日をずらしてみる」

旅行費用を節約したい!と思ったときに、まず検討してみたいのが、旅行日をずらすということです。観光地やレジャースポットが混雑しやすいのは、多くの人が休みとなる時期。たとえばゴールデンウィークやお盆休みなどが当てはまります。

観光地にとってはかき入れ時であり、何の努力をしなくても、多くのお客様を獲得しやすい時期だと言えるでしょう。実際に、強気の価格設定をしている宿泊施設も少なくありません。

もしも可能であれば、こうした時期をほんの少しずらすだけでも、旅行費用の節約につなげられる可能性があります。たとえば「土・日・月」の日程の旅行を、「日・月・火」にするだけでも、費用が変わってくるかもしれません。

有給や代休を使える方は、ぜひ旅行時の取得を検討してみてください。「大人の長期休暇を避けて、平日を組み込む」ことで、旅行費用の節約につながるケースも多いです。

■コツ2「食事にメリハリをつける」

日本で提供されている旅行プランは、宿泊費と食事代がセットになっているケースも多いものです。たとえば「1泊2食付きで18,000円~」などのプランが、こちらに当てはまります。1泊分の宿泊費用と、夕食代、翌日の朝食代がセットになっていて、「宿で提供される食事が、旅行中の楽しみ!」という方も多いのかもしれませんね。

とはいえ旅行期間が長くなる場合には、「毎日毎日食べきれないほどの御馳走が並ぶ」ということにもなりかねません。毎食のように贅沢な食事を楽しめるのは嬉しいことですが、「正直そこまでではなくても……」と思ってしまうケースも多いのかもしれませんね。

実はこの食事についても、旅費の節約につなげやすいポイントの一つです。ぜひメリハリのある食事プランを検討してみてください。

たとえば夕食をメインに考えるのであれば、朝食は「持参したおにぎりをお部屋で食べる」というスタイルにしても良いでしょう。満足度を大きく下げることなく、旅行費用の節約につなげられます。

特に朝食については、幼い子どもがいると「自分たちのペースで食べられた方が嬉しい」というケースもあるでしょう。また近隣のカフェなどで、モーニングを楽しむのも良いかもしれませんね。

宿泊と食事を別々に捉えて、それぞれについて、自分たちにとって魅力的なプランを検討してみてください。旅行の楽しみ方も、さらに広がることでしょう。

■コツ3「宿泊先を広い視野で探してみる」

旅費の節約をしたい!と思ったときには、宿泊先の確保で工夫するのもオススメです。国内旅行の場合、ホテルや温泉旅館などが一般的ですが、近年さまざまなタイプの宿泊施設が登場し、人気を集めています。

たとえば民泊は、ホテルや旅館よりもリーズナブルに宿泊できる施設も少なくありません。昔ながらの民宿で、懐かしい雰囲気を味わってみるのも良いでしょう。またキャンプ場などでは、コテージの一棟貸に対応しているところもあります。ミニキッチンやお風呂などもついて、非常にリーズナブルな価格で宿泊できる可能性もあります。

このほか、車中泊を企画してみるのも良いですし、車にテントを積み込んで出かけてみるのも良いかもしれません。また子どもがある程度大きくなったら、夜間バスで宿泊と移動を兼ねてしまう方法もあります。

「宿泊=ホテル」と視野を狭めるのではなく、さまざまな条件で宿泊先を探してみてください。インターネットの発達と共に、理想の宿泊先を確保することは、決して難しくなくなってきています。

■コツ4「旅先レジャーに工夫してみる」

幼い子どもとのレジャーでは、旅先で人気のテーマパークを訪れる!なんてケースも多いのではないでしょうか。普段とは違う遊び場に、子どももはしゃいでくれることでしょう。

とはいえ大型のレジャー施設に入場しようとすれば、家族全員でそれなりの費用がかかってしまうもの。テーマパーク以外にも、子どもと一緒に楽しめる場所を探してみることで、旅費の節約にもつながります。

たとえば、その土地ならではの景色を楽しんだり、親子一緒に体験をしてみたり……。子どもが楽しめるスポットは、何もテーマパークだけではありません。旅のテーマを決めて、それに沿って行動するのもオススメですよ。

またテーマパークを目的に旅行を計画する場合には、「いかに安く入場チケットを手に入れるか」がポイントになります。前売り券や割引チケットの入手方法など、じっくりリサーチしておきましょう。

■まとめ

子どもとの旅行は楽しいもの。しかし経済的な負担が大きく、少しゆううつな気持ちになってしまう……なんて方はいませんか? とはいえ、旅行そのものを諦めるのは、なんだかもったいないですよね。

こんなときには、旅行を楽しみつつも、旅費を節約するコツを実践してみてください。最初に予算を決めて、「この予算内でどんな旅行をしたいのか」を、家族みんなで話し合ってみるのも良いですね。計画段階から家族みんながワクワクできるような、思い出に残る旅行ができるのではないでしょうか。

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る