注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

片方なくした赤ちゃん靴下の意外な活用方法♪

マネー

2017.02.27

20170227-1

赤ちゃん用の靴下って小さくてかわいいですよね~!私も靴下を選ぶの大好きです。

しかし、赤ちゃんをベビーカーに乗せてお散歩していると、いつの間にか靴下が脱げていて片方なくなっていた……来た道を少し戻ってみても時すでに遅し! なんて経験、みなさん一度はあるのではないでしょうか?

私ももちろん経験あり。しかし、気に入っていたデザインの靴下、ちょっと高かったブランドの靴下、片方しかない靴下はもう履けないとわかっていても、もったいなくて捨てられませんよね~。

そんなときに、こんな活用方法がおすすめです!

 

次の活躍の場は抱っこひも

20170227-2

写真は私が愛用している抱っこひも、エルゴベビーです。(夫にも使ってもらうため、地味めなカーキ色をチョイスしたのです。)

この抱っこひもには、調整用の紐がたくさんありますよね。そのなかでもたっぷり長いのが腰の調整ひも。余った部分がだらりと垂れていると、装着時はもちろん、片付けるときもじゃまですよね。

もともとゴムバンドが付いているので、余った紐をクルクルっと巻いてバンドで止めている人も多いかと思います。でも、そのバンドも気づくとよく外れませんか? 私はこれが地味にストレスでした。

 

そこで、赤ちゃんソックスです。

バンドの上から余った部分にソックスをカポッとかぶせると~!!!!

20170227-3

ピッタリ! ちなみに写真は、赤ちゃんのかかとの部分にパンダがプリントされていた9cmサイズの靴下でした。パンダちゃんの顔が上手に出るように、形を整えて完成。カワイイですよね笑

 

その他にも

その他にも、手芸が得意なお友達はサイズアウトしたベビーソックスでお手玉を作ったと聞きました♪

 

かわいい思い出のソックスの第二の活躍の場、参考にしてもらえると嬉しいです♪

CHANTOママライター/本庄なべ子

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る