2019.07.05

会社員と自営業 それぞれのメリット・デメリット

01

会社員として働いていると、自分で起業して収入を得ている人がうらやましく思えてくる事がありますよね。
会社員はどんなに成果を上げたとしても、その見返りが100%自分に返ってくることはなく、せいぜいボーナスの額や翌年の昇給にほんの少し反映されるくらいではないでしょうか。
しかし、自分で会社を興して収入を得ている人は、自分が上げた成果は100%自分の利益として跳ね返ってきますので、やりがいをものすごく感じやすいと言えます。
今のまま会社員として終わってしまっても良いのだろうかと悩んでいる方も結構多いのではないでしょうか。
しかしながら、実際に自営業を行っている人だって色々と大変なんです。
そこで今回は、会社員と自営業の特徴をそれぞれご紹介したいと思います。
会社員として働いているいるけれど、いずれは起業したいと考えている方や、今現在自営業を行っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

■会社員の特徴

・会社員のお給料

会社員として働いていると、毎月決まった額のお給料が必ず振り込まれますよね。
たとえ自分のミスのせいで会社に損害を与えてしまったとしても、お給料から差し引かれてマイナスになるという事はありません。
また、毎年夏と冬にはボーナスが出るため、その時期にはちょっとしたぜいたく気分を味わう事だって出来ちゃいます。
ボーナスを見込んで高い買い物をしたりローンを組む事も出来るため、ある程度お金に関する予定なども組みやすいと言えるでしょう。

・会社員は確定申告をする必要が無い

毎年2月になると確定申告の時期がやってきます。
自営業をしているという方は、前年1年分の収入や諸経費などを計算しなければならず、憂鬱な気分になるという人が多いのではないでしょうか。
しかし会社員は会社で年末調整を行ってくれるため、確定申告を行う必要がありません。
やるとしてもせいぜい年末調整の紙に記入する程度のため、わずらわしさを感じるという事は無いですよね。
それだけでも心の余裕というのは大きく変わってくるのではないでしょうか。

・有給だって使える

会社員の良い所は、たとえ休んだとしても有給として扱えるため、お給料が減る事はありません。
もしも何かしらの用事があって数日間休んでしまったとしても、お給料の心配をすることは無いですよね。

・社会保険

会社員として働いていれば、社会保険に加入する事になります。
毎月の給料から天引きされる形になりますので、払い忘れるということはまずありません。
また、厚生年金は引かれる額と同額を会社が払ってくれるため、いざ自分が年金を受給する年になった時に、その分国民年金よりも多くもらう事ができます。

・経費はすべて会社持ち

仕事で使用する必要があるものを購入した際には、会社に申告すると経費精算する事が出来ます。
当然と言えば当然ですが、自営業の人はそういったものもすべて自分で払う必要があります。

今野 由奈

今野由奈です。
お金に関わる記事を投稿しています。現在貯金を殖やすために日々邁進中!投資、マイホーム、給料にかかわるところを書いています!