注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

マネしたい!夢のマイホーム購入までの道のり

マネー

2019.01.19

81-1

マイホームの購入に関してはフルローンで頭金なしということも可能ですが、ある程度の頭金はあったほうが借り入れの金額も少なくなり、返済も楽になります。また、固定資産税など、それまで必要としていなかった支払いも発生することになります。

頭金の有無は別としても、ある程度の貯蓄はしておいたほうが安全と言えるでしょう。実際にマイホームを購入した人たちは、一体どのように貯蓄をしていたのでしょうか。

■財形貯蓄で強制的に貯蓄する

手取りが少ない場合、貯蓄は難しいと考えがちです。しかし、その考えのもとで手取りの範囲でやりくりしていては貯金は貯まりません。では現在よりも手取りが少なかった場合、生活はできるのでしょうか。

少なければ少ないなりに、何とか生活はできるものです。手取りが少なければその使い方自体を考え、生活をするようになります。手取りの多さと貯蓄は直結してはいないのです。

手取りが多くなれば生活水準を上げることになるのですが、手取りが下がっても生活水準はなかなか下げられません。

若くしてマイホームを購入したAさんの場合、給料から天引きされるかたちで財形貯蓄を行っています。こうすることで、手取りの時点で財形貯蓄分が減額されているためお金を使うことができません。

ですが、その減額された手取りの範囲で生計を立てることで無理なく貯蓄ができたそうです。

日々の生活の中から余った分を貯蓄に回そうとしても、使えるお金があると、貯蓄をするというのは節約・倹約が身についた人でなければなかなか難しくなってしまいます。

あるとつい使ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

そのため半強制的に貯蓄に回してしまい、残った分で生活することにより無理なく貯蓄ができるようになっているのです。もちろん、財形貯蓄に回す金額はしっかりと考える必要があります。衣食住にかかる費用をしっかりと考え、財形貯蓄に回す金額を設定する必要があるのです。

■定期積立預金を利用する

81-2

Bさんは定期積立預金を利用して貯蓄を行い、マイホームを購入しています。定期積立預金の場合、定期預金とは異なり手続きが面倒なので、キャッシュカードのように簡単に引き出すことができません。この方法であれば有無を言わせず貯蓄ができることになるのです。

しっかりと貯蓄するためには、金額を高めに設定するのがオススメです。貯蓄は貯まれば貯まるほど継続しやすいといった傾向があるので、早めにある程度の金額まで貯めてしまうことで貯めることが楽しくなってきます。ただし、生活できないほどの金額を設定してしまうと後々困ることになります。生活に支障が出るほどであれば、設定を変更することも必要になります。

一方、最初にちょっと無理をするくらいの金額に設定しておき、徐々にその生活に慣れるということもあります。特にマイホームの購入という目的がある場合、多少の無理もその目的のために苦にはならないでしょう。

■クレジットカードを利用しない

Cさんの場合は極力クレジットカードを使用しないという方法で貯蓄を行い、マイホームを手に入れたそうです。

クレジットカードの場合、現金でやり取りをしないため、あまり出費という概念がないのかもしれません。手持ちの現金でやりくりをする場合、買い物にしても手持ちの現金を考えながらすることになるのですが、カードでの支払いとなるとあまり考えずに買ってしまうことも多かったそうです。

クレジットカードの場合、自分でしっかりと管理していなければいくら使ったのかわからなくなってしまいがちです。

実際にカード破産といったこともあるように、手元にお金がない、また分割での支払いの場合、残高は関係なく不足している状態であっても使用でき、限度額までであれば将来の収入までも使ってしまうことにもなりがちなのです。

カードを持つこと自体は問題ありませんが、その使用方法についてはしっかりと管理することで、貯蓄に回せたということのなのです。カード自体がポイントカードになっていたり会員証であったりと便利である反面、怖い一面もあるのです。

■まとめ

貯蓄はその人の収入や生活水準によって大きく異なってきます。収入が少ない人でもしっかりと貯蓄をしているという人はいますし、逆に収入が多くても貯蓄ができないといった人もいます。これは貯蓄に対する意識の違いということではないでしょうか。

基本としては貯蓄をするには毎月の生活費をしっかり管理することが大切になります。収入が少ないながらも貯蓄ができるということは、毎月の出費をしっかりと把握できていてそれをきちんと管理できているということなのです。

家賃などの固定費の場合はどうしようもありませんが、遊行費など考え方次第ではなんとでもなるのです。急な出費などは仕方がありませんが、それ以外に関しては毎月の使える額を設定してきっちりと管理するとお金を貯めることができます。

浪費が多い場合は月々の決まったお金以外は使いにくくしておくことで、貯蓄が可能となります。財形貯蓄や積立預金の場合、現金や普通預金のように簡単に使うことができないので、貯蓄のしやすい方法の一つとなっているようです。貯蓄のためにはクレジットカードの乱用も厳禁ということになります。

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【マネープラン】その他の記事

マネープラン
もっと見る