注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

電力自由化で、もしものときの 安心と安全

マネー

2016.05.18

電気はないと生活が成り立たない「ライフライン」のひとつだけに、いちばん心配なのは「電気が使えない」というトラブルでは? 新電力の電気の供給の安定性について説明します。

スクリーンショット 2016-05-16 14.09.57

Q:会社によって停電しやすいなど電気の質に違いはあるの?

A:配送電の設備は同じなので「安定性が低くなる」「停電しやすくなる」ことはありません

大手電力会社のものも、新電力のものも家庭までの供給の安定性に違いはありません。というのも、これまでどおり地域の配送電部門が電気の質を一定にコントロールするため。つまり、電気の質によしあしはなく、停電の可能性も同様だといえます。

スクリーンショット 2016-05-16 14.09.38

Q:契約していた電力会社が倒産したらどうなるの?

A:電気は使えるけれど料金が割高になる可能性もあります

電力は重要な社会インフラだけに、倒産などのリスクに備え、既存の電力会社がカバーする義務を負っています。そのため万が一契約先が倒産しても、利用者は停電することなく電力を利用できます。「ただし、料金設定は従来の標準プランに戻るので、使用状況によっては高くなる場合も」

 

>>電力自由化は、まずはこれだけ知っておけば大丈夫!<<

>>電力自由化は、まずはこれだけ知っておけば大丈夫!仕組みと制度に関して<<

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【マネープラン】その他の記事

マネープラン
もっと見る