コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

夫婦の預貯金残高は100万円未満が最多なのに、41.4%の人には秘密のへそくりがある

マネー

2018.12.14

20181129couplesmoney01スパークス・アセット・マネジメント株式会社が「夫婦のマネー事情と夫婦円満投資に関する調査2018」を実施(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)。配偶者がいる20歳以上の男女1000人のマネー事情が明らかになりました。

 

パートナーに内緒でへそくりしてる?


まず「夫婦の預貯金の残高」を調査すると「100万円未満」(19.2%)、「100万円~300万円未満」(22.0%)、「1000万円以上」(21.5%)に多くの回答が。全体の平均は667万円になっています。

20181129couplesmoney02

 

20181129couplesmoney03

続いて「へそくりをしているか?」を聞いたところ、「している」人は41.4%に。男女別にみると、「している」と答えた人の割合は男性38.6%、女性44.2%という結果になりました。

 

20181129couplesmoney04

「へそくりをしている」と答えた414人に「へそくりの残高」を質問。その結果、「10万円~50万円未満」(26.5%)や「10万円未満」(23.6%)、「100万円~200万円未満」(15.0%)に多くの回答が。全体の平均は160万円でした。男女別に平均額をみると、女性は211万円で男性(102万円)の2倍以上もあるようです。

 

20181129couplesmoney05

また「へそくりをしている理由」を聞いたところ、「自分へのご褒美のため」が48.3%で最多。次いで「老後の生活費のため」が37.9%、「家計の収入が途絶えたときの備えのため」が29.7%、「旅行に行きたいため」が19.3%、「子どもの費用(教育費など)のため」が17.6%という結果に。男女別にみると、男性回答1位は「自分へのご褒美消費のため」(53.4%)、女性回答1位は「老後の生活費のため」(45.2%)になっています。

 

「値段を気にせず買い物をする」のはNG?


続いて全回答者1000人に「パートナーのどのようなお金の使い方に腹が立つか?」と聞くと、「値段を気にせず買い物をする」が15.4%で最多に。次いで「あればあるだけ使う」が14.9%、「何にお金を使ったのか把握していない」が14.6%、「安いからといってよく考えずに買い物をする」が14.0%、「相談もなく高額な買い物をする」が12.5%という結果になりました。

20181129couplesmoney06

 

20181129couplesmoney07

男女別にみると、男性回答では1位「安いからといってよく考えずに買い物をする」(14.4%)、2位「値段を気にせず買い物をする」(14.0%)、3位「何にお金を使ったのか把握していない」(13.8%)、4位「相談もなく高額な買い物をする」(12.2%)、5位「あればあるだけ使う」(10.4%)。

 

女性回答は1位「あればあるだけ使う」(19.4%)、2位「趣味や好きなものにお金をかけすぎる」(17.6%)、3位「値段を気にせず買い物をする」(16.8%)、4位「何にお金を使ったのか把握していない」(15.4%)、5位「安いスーパーではなくコンビニで買い物をする」(15.0%)という結果になっています。

 

20181129couplesmoney08

次に「夫婦が円満にいるために、どのようなことにお金をかけたいと思うか?」を調査。その結果、「旅行」が44.0%で1位に。次いで「誕生日プレゼント」が36.3%、「特別な日の食事」が27.9%、「結婚記念日のプレゼント」が27.8%、「普段の食事」が24.5%になりました。

 

20181129couplesmoney09

最後に「夫婦の現在の関係を表す漢字1字」を聞いたところ、1位「良」(90名)、2位「和」(81名)、3位「楽」(48名)、4位「友」(42名)、5位「愛」(41名)という結果に。良好な関係を思わせる「良」や和やかな関係を思わせる「和」など、ポジティブなイメージの漢字が上位に並んでいます。

 

男女でランキングに差が出たのは、男性3位の「愛」(女性10位)と5位の「信」(女性10位圏外)の2つ。夫から妻への愛情表現は不足気味で、妻には夫からの愛が充分に伝わっていないのかもしれません。

 

文/原田美咲

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【家計管理】その他の記事

家計管理
もっと見る