注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ポイントカードでパンパンは恥ずかしい 持つべき共通ポイントカードはこれ!

マネー

2018.08.13

最近ではどこのお店に行ってもポイントカードを発行してくれるので、つい財布の中に放り込んだままになってしまいますよね。気づけば財布の中がパンパンになっていて、人に見られると恥ずかしい思いをすることもあります。

ポイントカードをためることは決してマイナスにはなりませんが、普段使いするポイントカード以外は、ポイントカード専用のカード入れなどで整理しておいたほうが良いでしょう。最低でも週に1回は利用するポイントカードのみ財布の中に入れておくと、財布もスッキリして使いやすくなります。

お店ごとで発行しているポイントカードもありますが、最近は大手のポイントカードに加盟しているお店も多いので、共通して利用することができます。

共通のポイントカードの大きな利点はポイントがたまりやすいということと、たまったポイントを加盟店のどこでも利用できるという点です。それぞれの特徴をつかんで、上手に利用してみてください。

■注目の共通ポイントカード(Tカード・Ponta・楽天ポイント・nanacoポイントなど)

39-1

いろいろな種類の共通ポイントカードが登場していますが、代表的なポイントカードといえば、Tポイントカード・Pontaカード・楽天ポイントカード・nanacoポイントカードではないでしょうか。

Tポイントカードはカルチュア・コンビニエンス・クラブが提供しているカードで、TSUTAYAのカードとしておなじみですよね。共通ポイントカードの中ではもっとも歴史が古く、共通ポイントカードといえばTポイントカードが頭に浮かぶ人も多いかもしれませんね。

Pontaカードはロイヤリティ マーケティングが提供しているカードで、ローソンとゲオ、昭和シェル石油が同時にPontaカードに移行することで開始しました。今ではdポイントやリクルートポイントと提携しており、ますますポイントがためやすくなりました。

楽天ポイントカードは、日本の大手通販サイトの楽天が提供しているポイントカードです。もともとは楽天グループで共通して利用できるポイントサービスでしたが、2014年から実店舗でも利用できるポイントカードが発行されました。

楽天カードは会員数が1200万人以上にものぼり、クレジットカードとしてもっとも利用されているカードとして知られています。楽天ポイントカードは実店舗での利用だけでなく、楽天グループで利用したポイントも共通して利用できるのが最大の利点ではないでしょうか。

nanacoポイントカードはセブン&アイグループが提供しているポイントカードで、電子マネーを利用することでポイントが付与されます。セブン&アイグループの各店や加盟店で利用することができます。

■ポイント率がよい共通ポイントカードは?

39-2

ポイント付与率は全てのカードが、100円から200円で1ポイント付与されます。利用する店舗によってポイント付与率は変動します。どのカードもポイント率はそれほど大きく変わりませんが、ポイントカードごとでキャンペーンを展開していたり、利用金額によってランクが上がりポイント付与率が上がるなどのサービスをしています。

ポイント率をアップさせるには、電子マネー機能やクレジットカード機能をつけて利用すると、さらにポイントは上がります。クレジットカードからチャージできるカードもありますので、その場合クレジット利用分のポイントとチャージ分のポイントが付与されます。

中でも注目したいのが楽天ポイントカードです。楽天ポイントカードは電子マネーのEdy機能をつけていれば、TポイントカードやPontaカードと併用して利用することができます。

たとえばローソンで利用した場合、Pontaカードには購入した分だけのポイントが付与され、楽天カードにはチャージした金額と利用した金額に応じて、楽天ポイントが付与されます。

ポイントが2重、3重に付与されるのでおススメです。

■ワーママなら持っておきたいポイントカード

働くワーママなら共通ポイントカードは、ぜひとも一枚はもっておきたいですね。共通ポイントカードの選び方は、利用頻度の高いお店がどの共通ポイントカードに加盟しているのがで決めると良いでしょう。

いくらポイント還元率が高いカードでも、利用頻度が少なければポイントはたまりません。毎日のように買い物に行くスーパーやコンビニと提携しているポイントカードを選びましょう。

TSUTAYAやファミリーマート、ガスとやジョナサン、Yahoo!ショッピングなどをよく使う場合はTポイントカードがおススメです。

イトーヨーカドーやセブンイレブンの場合はnanacoポイントカード、ローソンやゲオ、昭和シェル石油やビッグカメラ、ケンタッキーフライドチキンならPontaカード、サークルK・サンクスやミスタードーナツ、楽天グループでのネットショッピングをよく利用するなら楽天ポイントカードを選びましょう。

ポイント還元率で考えた場合は、やはり楽天ポイントカードがおススメです。毎月のように電子マネーやクレジットカードのポイント2倍キャンペーンや、ポイントが最大42倍にもなる楽天市場のお買い物マラソンなどのセールを行っていますので、上手に利用すればかなりのポイントが付与されます。楽天市場で付与されたポイントは、実店舗でも利用することができます。

また、電子マネーに交換することもできますので、とても利便性が高いカードといえるでしょう。

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【家計管理】その他の記事

家計管理
もっと見る