注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

専業主婦と兼業主婦のおこづかい事情。平均は1カ月で14,942円?

マネー

2018.09.21

結婚して家事や育児に専業する女性のことを専業主婦といい、働いて収入を得ながら家事や育児も行う女性を兼業主婦といいます。最近では兼業主婦が6割以上となっていますので、働いている主婦がほとんどです。

兼業主婦の場合、フルタイムで働いているなら結婚している男性と同じように思えますが、男性は兼業主夫とは呼ばないので不公平にも思えますよね。

どちらにせよ結婚して家事や育児をしていることには変わりませんが、専業主婦と兼業主婦ではおこづかいも同じぐらいなのでしょうか?

環境が違うと、同じ主婦でもおこづかい事情が違ってくるかもしれません。そこで専業主婦と兼業主夫のおこづかいの違いについて、いろいろ調べてみました。

■専業主婦のおこづかい事情

35-1

2013年のアンケートによると、専業主婦のお小遣い平均は1カ月で14,942円という結果になりました。専業主婦の場合、仕事上の付き合いなどがないので、交際費にそれほどお金を使わずに済むので、それほどおこづかいを必要としないようです。

女性にとって欠かせないのが美容代ですが、専業主婦の月平均は4,759円です。外出する機会が兼業主婦より少ない分だけ、美容代もそれほどかからないかもしれません。

しかし実は、こっそり家計から必要なものを購入している人もいるようです。おやつやドリンクなどは買い物をする際についでに自分の分も購入したり、友だちとのランチは家族の外食費から捻出していたなんて人もいますので、実際のおこづかいよりもっと使っている人も多いかもしれませんね。

いつまでたっても貯金が貯まらないという人は、家計簿をつけてチェックしてみると良いでしょう。どれほどおこづかいとして利用しているか、ハッキリとした金額が分かります。

経済的に余裕のある家庭なら、ちょっとしたお金をおこづかいに回すのも良いですが、これから子どもの教育費などにお金がかかる場合は、自分のおこづかいをしっかり決めたほうが良いでしょう。

家計から支出していると、だんだん自分のためにお金を使っている自覚がなくなりますので、貯蓄を増やしたいと思うなら、おこづかいを決めてその中から必要なものを購入するようにしましょう。

■兼業主婦のおこづかい事情

35-2

兼業主婦のおこづかいは、フルタイムで働いているかパートで働いているかで金額が変わってきます。フルタイムだと26,725円、パートやアルバイトだと15,562円と、専業主婦とそれほど変わらない金額のようです。

フルタイムで働いている場合、自分のおこづかいは自分で決めている人が多く見られました。しかし全ておこづかいとして使っているわけではなく、必要な支出以外は貯金や家計に回している人も多いようです。フルタイムの場合、会社の付き合いなどもありますので、おこづかいの上限は決めていない人も多いようです。

パートで勤務している人は扶養範囲内で働いている人がほとんどですが、夫の収入によって大きくおこづかいの金額は変わってきます。夫の収入だけで生活できる家庭の場合、妻の給料は全ておこづかいとなりますが、夫の収入が少ない場合、家計を補うために妻の給料から生活費を算出することになり、おこづかいの金額も低くなります。

とはいえ、専業主婦の人よりもお金が自由に使えるようですが、フルタイムでもパートでも給料全てを使うのではなく、なるべく貯蓄にまわすようにしている人がほとんどです。

住宅ローンの返済や子どもの教育費、老後を踏まえてなどの理由から貯金をしているようですね。

兼業主婦は仕事に出かけるため、美容代や洋服代なども専業主婦より出費が多いです。フルタイムの美容費は月平均6,347円なのに対し、

パートは4,674円と低くなっています。

おもしろいことに、パートの兼業主婦より専業主婦のほうが美容費は若干上回っています。アンケート結果から見ると、パートで働く場合、貯蓄を目標としている人が多いかもしれませんね。

■それぞれのメリット・デメリット

専業主婦と兼業主婦では、金銭面でどのようなメリット・デメリットがあるのでしょう。

専業主婦の最大のメリットといえば、配偶者控除を受けたり年金を払っていなくても老齢年金を受けとれることではないでしょうか。

しかし兼業主婦に比べると、受け取る年金額は少なくなりますので、デメリットにもなります。また、専業主婦は自由に使えるお金が少ないというのも大きなデメリットでしょう。

兼業主婦のメリットはお金が自由に使えるだけでなく、生活に余裕ができるといった点です。家計に余裕ができるので、貯蓄はもちろん、子どもの教育費などにもお金を使うことができます。

メリットだらけのような兼業主婦ですが、デメリットもあります。働くことで美容費や交際費などの出費が増え、逆にお金を使いすぎてしまうことも考えられます。また、仕事が忙しいときの外食や中食などが増え、支出が増えて貯蓄どころではなくなることもあります。

子どもを保育園から通わさなくてはならないため、子どもが小さなうちから支出が多いのもデメリットでしょう。

専業主婦・兼業主婦ともにメリットもデメリットもありますので、自分の性格やライフプランなどを考えて、どちらを選ぶかを決めるようにしましょう。

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【家計管理】その他の記事

家計管理
もっと見る