注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【FP直伝】〝お金難民〟のための超簡単「フィンテック」&おすすめアプリ

マネー

2018.07.24

最近、「フィンテック」を使った「新しいお金のサービス」が続々と登場しています。

そもそも「フィンテック(Fintech)」とは、「金融(Finance)」と「テクノロジー(Technology)」を合わせた造語で、「金融テクノロジー」といわれることもあります。何やらマネー上級者向けの話のようですが、実はフィンテックを使ったサービスは、私たちの日常生活にもたくさんあります。

なかでも、家計簿に挫折しがち、貯金ができない、ムダ使いがやめられない…などの〝お金に迷える子羊たち〟に手を差し伸べるサービスが大人気。おすすめをご紹介します!

フィンテックが「家計簿の弱点」を解決!

shutterstock_778189813

私たちが日常生活でフィンテックのサービスを使用する場合、そのほとんどがスマートフォンとアプリを使います。簡単な設定ですぐ利用できるものばかりです。

これまでの家計簿つけでは、市販の家計簿に手書きする場合も、ExcelなどのPCソフトを使う場合も、レシートの数字を「入力する」という面倒がありました。ところが、フィンテックを使った家計簿アプリを使えば、その手間からきれいさっぱり開放されるのです。

shutterstock_457399111

代表的な家計簿アプリは「Money Forward(マネーフォワード)」。

フィンテックの技術を使って、銀行口座やクレジットカード、電子マネー、ネットショッピングなどと連携し、そこで使ったお金の情報をアプリが収集。「食費」「日用品」「趣味・娯楽」「交通費」などの費目に自動的に振り分けてくれます。

また、現金での買い物もレシートを撮影するだけ。入力も費目分けも自動にやってくれます。さらに自分の収入に合わせた予算を教えてくれたり、家計の診断をしてくれたりと、いたれりつくせり。三日坊主で終わるどころか、「家計簿での家計管理が楽しくなる」と利用者をぐんぐん伸ばしています。

「アプリが自動的に貯金」してくれるから超ラク!

しらたま」と「finbee(フィンビー)」は銀行口座と連携して、自動的に貯金をしてくれるアプリ。

例えば、毎週月曜日に5000円ずつ貯める「積立貯金」や、クレジットカードの買い物ごとに貯める「おつり貯金」など、いわば「アプリが自動的に貯金」してくれる! 貯金はしたいけど、いい貯め方がわからないというお金難民にはうってつけです。

shutterstock_1116680189

finbee」にはこのほかにも、例えば「11万歩歩いたら1000円」を貯金する「歩数貯金」などユニークな貯金も。健康面からも家計面からもモチベーションが上がると好評です。 

貯金から一歩進んで「投資」までやってみたという人には「トラノコ」がおすすめ。こちらは「おつり貯金」で貯めたお金を投資に回すというアプリで、5円以上から始められます。「トラノコ」につては以前の記事でも詳しく紹介しているので、合わせてご覧ください。 

お金難民の「ムダ使い」に効くのはこのサービス!

コンビニなどでのちょこっと買いがやめられずに毎月オーバー、「現金がなければクレカ」が常習化して支払いが毎月キツイ…そんなムダ使いがやめられない〝お金難民〟には、「LINE Pay(ラインペイ)」がおすすめです。

shutterstock_1113246878

おなじみの「LINE」アプリに、銀行口座やコンビニなどからお金をチャージして、スマホや「LINE Payカード」を使って支払いをします。加盟店のオンライン決済もOK。

いちいちサイフを出さなくても支払いができるので、「え〜と、8円あったっけ」と小銭を探す手間もないので便利。しかも支払いのたびにポイントも貯まります。

逆にムダ使いが加速しそうですが、「LINE Pay」では「チャージした以上のお金は使えない」というところがキモ。例えば、「1週間の食費の予算を1万2000円」と決めて、月曜日にチャージ。食費の買い物は「LINE Pay」だけでするようにすれば、予算も守りやすくなり、ムダ使いも減るというわけです。

また「LINE Payカード」はプリベイトカードで、クレジット機能はナシ。使ったその場でお金の減り方がわかるので、クレカのように「あとで請求を見てびっくり」ということもありません。

このようにフィンテックを利用したお金のサービスには、いままで「家計のやりくり」を難しくしていた問題を解決する、さまざまなメリットがあります。

shutterstock_101816032

ただひとつ筆者が気になるのは、これらのアプリを運営する会社に、私たちの銀行口座やクレジットカードの情報が丸見えになること。筆者は「トラノコ」と「Money Forward」を利用していますが、「一部は口座の連携はせず、手動入力との併用」をしています。

気になる方は、このような「部分利用」から、フィンテックの扉を開けてみませんか。

ライター:小中島 浩昭
出版社の編集者を経て、フリーのマネーライターに。ファイナンシャルプランナーの資格を持つ。手間をかけずにお金を貯める方法を模索中。妻、高2、高1の年子、老犬の5人家族。

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【家計管理】その他の記事

家計管理
もっと見る