コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

年収500万円でもFIRE可能?子育て家庭での実現度を人気FPが判定

マネー

2021.11.24

FIREして海外でのんびり生活を夢見る夫

最近、ネット記事でよく見かける「FIRE」。Financially Independence, Retire Earlyの略で、「経済的に自立して、若くしてリタイアする」意味です。一部のお金持ちがするイメージがありますが、一般的な子育て家庭でも目指せるものでしょうか?家計再生コンサルタント・横山光昭さんの答えは…。

中流家庭でもFIREできる条件とは?

「将来、FIREをしたいのですが、どうすればできますか?」。

 

最近、弊社に家計相談に来るお客様にも、そう聞かれることが増えました。読者の皆さんの中にも、若くして仕事を辞めて、お金に縛られない自由な生活を送りたい人はいるかもしれませんね。

 

FIREは一部のお金持ちがするイメージもありますが、子育て中の中流家庭でも実現可能なのでしょうか。

 

そう聞かれたとき、私は「今の年収の25倍の資金をためること。それを年利4%で運用できれば可能ですよ」と答えています。

 

なぜこの数字かといえば、これだけの資金があれば、現実的な資産運用によって、リタイア前にもらっていた年収分の金額が作り出せるからです。

 

たとえば世帯年収が500万円なら、500万円×25年=12500万円を貯めることが目安です。この貯金額を4%で運用できれば、12500万円×0.04500万円と、退職前の世帯年収を資産運用だけで作り出せます。

貯金だけでは不可能でハイリスクな投資が必要

しかし、ここまで聞いてお気づきだと思いますが、年収の25倍を貯めるのは非常に困難です。生活を切り詰めて節約し、年収500万円のうち250万円を貯金にまわしても、12500万円を貯めるのに50年かかります。

 

40~50代で年収の25倍のお金をつくるには、貯金だけでは不可能。株やFX、暗号資産(仮想通貨)のような、年利10%以上のハイリターンが期待できる投資での資産運用が必要になります。

 

しかし、これらの方法はリスクも高く、資金を失う可能性も高いといえます。

最低限の生活費を得るのは簡単?

「最低限の生活費さえあればいいので、年収の25倍もつくる必要はないのでは?」という人もいるかもしれませんが、最低限の生活費が得られるようにするのも、簡単ではありません。

 

仮に年間200万円の生活費を得られるようにするには、5000万円を年利4%で運用することが必要です。5000万円を貯めるのも楽ではなく、毎年250万円を20年間貯め続けないと達成できません。そもそも年利4%も毎年継続し続けるのは難しいので、5000万円貯めても、年間200万円の運用益を得られないことは十分に考えられます。

 

FIREへの道のりは極めて困難なのです。

一生食べていける資産家に共通していること

さらにいうと、FIREをして働かなくなると、仕事のスキルがそこから上がらなくなるため、もう一度働きたくなったときに復職しにくくなります。

 

バイトならまだしも、高度な仕事はできなくなるでしょう。資産運用がうまくいかなくなった時や、一時的にまとまった資金が必要になった時には、厳しい状況が待ち受けています。

 

FIREを目指す人にはガッカリすることを言ってしまいましたが、そもそもの話、「働かない」状態は本当に幸せなのでしょうか。

 

私の周囲にも、億単位の資産を持っていて一生働かなくても食べていける人が何人かいます。でも、彼らに共通するのは「今も働き続けている」ことです。

 

お金を稼ぎたいのではなく、「やりたいことがある」「生きがいだから」と言って、苦しみながらも生き生きと事業を行っています。

 

自分にとって本当の幸せとは何か。FIREを意識したこの機会に考えてみると良いかもしれません。

監修/横山光昭 取材・構成/杉山直隆 イラスト/村林タカノブ

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【家計管理】その他の記事

家計管理
もっと見る