コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

お金が貯まる夫婦の口グセは「コンビニ買いはやめよう」ではなく…

マネー

2021.02.16

 お金が貯まる夫婦になるためにはどうしたら良いか。「そのためには、逆に、お金が貯まらない夫婦の言動に注目してみましょう。そうした夫婦には共通する口グセがあるんです」と話すのは、 家計再生コンサルタントの横山光昭さん。これまで23000件以上の家計相談をする中で気づいた“言ってはいけない口グセ”とは?

 

「定価で買うのは損」という発想がダメな理由

お金が貯まらない夫婦は、皆、似たような口グセがあります。いくら共稼ぎで収入が多かったとしても、その口グセや言い方をする夫婦は、お金が貯まりません。以下でいくつかご紹介しましょう。

 

1.「コンビニで(定価の)ジュース買うのやめなよ!」

飲み物やお菓子など、相手のこまごまとした出費のムダを指摘し、数十円の節約をするように迫る。家計相談をしている最中に、パートナーに対して、このような指摘をし始める人がいます。たしかにチリもつもれば山になりますから、一理ある主張のように思えます。

 

しかし、パートナーの細かい出費を指摘する夫婦は、たいがい、お金が貯まりません。その指摘は、本当に貯金ができない問題を解決するためではなく、相手を責めたてて自分を正当化するためのケースが多いからです。

 

言われたパートナーの方も、その意図を感じ取りますから、素直に聞き入れようとしません。それどころか、「そっちだってムダな出費をしているじゃない?」と反撃し始めます。そのうちケンカになり、お金を貯めるための話し合いは一切なく終わる、というパターンです。

 

2.「私の方が生活費を多く払っている。そっちは少ししか払っていないじゃないか」

こちらは、共働きの夫婦にありがちな会話。夫婦間で財布を一つにしないで、別々にしていると、「自分の方が多く払っている」ことで言い合いになりがちです。

 

それなら、現在の収入と支出をしっかり洗い出して、きちんと出費を分ければ済む話ですが、なぜか文句を言っている人もその提案はしません。きちんと分けると、自由に使えるお金が減る可能性があるからです。

 

このような「自分のほうが多く払っている」とセリフが出る時も、多くの場合は、相手を責めることで、自分を正当化しようとしているだけ。前向きな話をしようとしているわけではないのです。

「お金がないから旅行できない」とグチる人は、貯められない気質? 

3.「お金がないから、旅行ができない」

「お金がないから、○○ができない」とグチを吐く人がいます。夫婦の場合は、どちらか一人ではなく、二人揃って言うことが多いと感じます。

 

しかし、そういう口グセがある夫婦は、お金が貯まりにくいといえます。「お金がないと何もできない」と自分自身に言い聞かせているだけで、貯める工夫を放棄しているからです。

 

それに対し、お金が貯まる夫婦は「お金がないから、××しよう」といいます。すると、「お金がないから(旅行ではなく)テントを買って、デイキャンプをしよう」というように、お金がないなりにアイデアを出して楽しむようになります。こういうタイプは、出費についてもあれこれ工夫できるので、結果的に、お金が貯まる仕組みを作っていくことができるのです。

 

4.「1年間で100万円貯めなくてはいけない」

万円貯めなくてはいけない」という口ぐせがある人も、お金が貯まりにくい傾向があります。一見、ストイックのようですが、相談に来る方を見ていると、途中で挫折する人が多い印象です。おそらく、自分で自分を勝手に追い込むあまり、日々の節約がイヤになってしまうのでしょう。お金が貯まる人は、ムリのない範囲で貯金に取り組んでいます。だから息切れすることなく、お金が貯まるのです。

 

以上のような口グセや物言いを続けていると、いつまで経ってもお金が貯まりません。心当たりがある人は、今日からでも直しましょう!

 

監修/横山光昭 取材・構成/杉山直隆 イラスト/村林タカノブ

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る