コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

火災保険が2021年から値上がり!お得に加入するには?

マネー

2020.10.03

2020.10.04

火災保険

台風、大雨、地震。大規模な自然災害が毎年のように発生していますが、住まいに万が一のことが起きるリスクに備えて、火災保険や地震保険を契約する人が増えています。一方で、保険料は近年値上がり傾向で、20211月からも値上がりが予定されています。そこで今回は、賢い火災保険の入り方をまとめて紹介します。

盗難や破損の際も「火災保険」がおりる!

火災保険は、住まいに万が一のことがあった場合に備えて加入する保険です。「火災保険」という名前から、家が火事になったときだけ保険金が出るものだと思っている方もいますが、その他にも以下のような災害で保険金を受け取ることができます。

 火災保険の主な補償内容

火災保険の主な補償内容

筆者作成

 

自然災害だけでなく、「盗難」「破壊」といった人的被害に対しても保険金が出る場合があります(※どの災害で保険金が出るかは、契約により異なります)。

 

火災保険は、居住している「建物」にかけるだけでなく、家具や家電製品などの「家財」にかけることもできます。建物と家財両方にかけたり、どちらか片方にかけることもできます。

 

現在、賃貸住まいの方は、契約時に火災保険に一緒に加入しているでしょう。また、住宅を購入した場合も、住宅ローンの契約時に加入を義務としていることがほとんどです。

  

>>NEXT 地震保険は“実際の損害額”が払われるわけではない!

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【家計管理】その他の記事

家計管理
もっと見る