コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「お金が貯まりにくい」夫婦は散財タイプでなく、実は… 

マネー

2020.09.07

「家計に無関心」な夫が前向きになる話って?

お金に対する危機感を持ってほしい相手が夫だとしたら、「『投資』や『保険』の相談を持ちかける」と興味を示してくれることがあります。

 

一般的に男性は狩猟型の本能があるからか、お金の“節約話”よりも、お金を“増やす話”に興味を持ちやすい傾向があります。そのため、「投資を始めてみようと思うんだけど、どう思う?」などと相談をもちかけると、興味を持って調べ出す夫も多いようです。

 

また、保険に関しても、「いま入っている保険の保険料は妥当かな?」と話して見ると、興味を持つこともあります。

 

こうして投資や保険に興味を持ったら、家計全体にも関心が広がり、夫の方が将来のシミュレーションを熱心にやり始めた、などということは少なくありません。

 

パートナーの性格に合わせて、手を打とう

 また、貯金をするための王道として、「夫婦の目標を設定すること」も重要です。「旅行に行くために、いついつまでにいくら貯めよう」と目標を立てると、貯金に興味を示してくれることがあります。

 

パートナーが、「数値目標」があると途端にやる気を見せるタイプだとしたら、「1年後までに100万円貯める」というように、ゴールとなる金額を具体的に設定するのも良いでしょう。

 

パートナーの性格に合わせて、これらの策を繰り出していけば、少しずつ貯金やお金に対する意識が変わってくるはずです。

 

 

監修/横山光昭 文/杉山直隆 イラスト/村林タカノブ

 

2 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【投資・副収入】その他の記事

投資・副収入
もっと見る