コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

子どもに“お金の話”をしない親が見落としている視点

マネー

2020.09.05

2020.09.06

自分のおこづかいの使い道も考えるようになれる

家庭のお金の流れを話すと、以下のことを教えられます。

  • 使えるお金は限られている
  • 生活をしていくためには、多くのことにお金を払う必要がある
  • お金を上手に使うためには、使い道をよく考えなければならない 

 

すると、子どもも自分がおこづかいをもらうと、使い道をよく考えるようになるのです。

 

また、お金のことを隠していると、子どもにとってマイナスになることもあります。家計を知らないから、お金を意識せず買いたいものがあればすぐせがんだり、せっかく買ったものも大事に思わなくなるのです。

 

親の金銭的な苦労も知らずに大学を中退した過去が…

高校や大学の学費、習い事の費用なども当たり前に払ってもらえるものだと感じ、授業をサボったり、簡単にやめてしまったりします。

 

実は私自身もその一人。親の金銭的な苦労も知らずに、大学をすぐに中退してしまった過去があります。それを考えると、家計を知らないことは、親にとっても子どもにとっても良いこととは思えません。

 

>>NEXT お金のことを親子で相談しあえる関係がいい

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【家計管理】その他の記事

家計管理
もっと見る