2019.05.03

ETFで運用もアリ!上場投資信託で資産倍増

172-1

みなさんはETFをご存じですか?ETFは上場投資信託と呼ばれ、株式と投資信託の両方の性質を併せ持った投資商品です。

低金利の今の世の中、投資を始めてみたいけど、どこに投資すればいいかわからないし、できれば安全に運用したい、そんな方におすすめの商品がETFです。
長期運用で資産倍増かも!なETFの魅力をお伝えします。

■ETFって何?その特徴について

ETFという言葉をご存じですか?
ETCではないですよ、という冗談はさておき、ETF(Exchange Trade Fund)は日本語で「上場投資信託」のことです。上場、という言葉なら聞いたことがありますよね。

「一部上場企業」とか「株式上場」とか、ニュースやビジネスドラマなどでも耳にすることがあるこの言葉と同様に、上場投資信託は、証券取引所に上場された投資信託です。
もっと平たく言うと、証券取引所が開いている時間なら、自由に売り買いができる投資信託のことをいいます。
株式と同じで、投資信託にも上場しているものとしていないものがあるのです。

非上場の投資信託と、ETFの最も大きな違いは、「投資信託の販売価格が株式と同じように常に変動すること」です。
例えば、非上場の投資信託の場合、商品の価格(基準価額といいます)が決まるのは1日1回、取引市場が閉まった後です。
投資信託を売る場合、前日の基準価額しか分からない中で手続きをすることになり、そういう意味では価格が不透明な中での取引となります。
しかしETFは、リアルタイムで価格が変動し、その時点の価格で売買が可能なので、自分が思っていた価格での売り買いができるのです。

この他にも、ETFと投資信託には以下のような違いがあります。

・投資信託は証券会社、銀行、郵便局などで買えますが、ETFは証券会社のみで買えます。
・投資信託は最低投資金が100円からなど、かなりの少額でも買えますが、ETFは株式と同じで最低でも1万円程度の資金が必要です。
・投資信託では信用取引(後述)ができませんが、ETFでは可能です。
・信託報酬(投資信託を運用するための手数料)はETFの方が低いです。

今野 由奈

今野由奈です。
お金に関わる記事を投稿しています。現在貯金を殖やすために日々邁進中!投資、マイホーム、給料にかかわるところを書いています!