2019.08.12

高層階に住むのが憧れ?タワマン居住の理想と現実

●立地条件に恵まれている

タワーマンションはほとんどが駅から近いため、立地条件に恵まれています。

周囲には商店街やショッピングセンターなどの商業施設があり、医療施設や公共施設などがあるケースは多くあります。

また、タワーマンションの敷地の中にスーパーやコンビニ、市区役所の出先機関などがあるケースも多くあります。

 

◆タワーマンションの現実

タワーマンションの特徴について見て来ましたが、快適で安心な生活を送るためにピッタリの住まいのように思えます。

けれども、実際に暮らしてみると良い面ばかりという訳には行かないこともあるようです。どんな点がマイナス面なのか探ってみることにしましょう。

●維持費が高い

マンションを購入すると、住宅ローン以外に管理費や修繕積立金などの「維持費」の支払いも発生します。

設備やサービスが充実しているマンションほど維持費が高くなってしまう傾向にあります。

管理費はエレベーターや階段などの建物共有部分や共有サービスの提供に対する費用になります。当然と言えば当然ですが、設備やサービスが充実していればいるほど管理費は高くなります。

また、修繕費積立金はマンションの建物や設備の修繕のために負担する金額になりますが、経年に応じて値上がりするシステムになっています。

●風がとても強い

高層階の場合、風がとても強いため窓を開けると砂ぼこりが入って来て大変なようです。ベランダに洗濯物を干しても風で洗濯物が絡まったり飛ばされたりしてしまったり、誤って落としたりしないように、落下防止のためにネットを張ったりするなどの工夫が必要になります。

ベランダにお布団を干したりすることは高層階ではマンションの規約で禁止されているところも多くあります。

また、マンションによっては、高層階は窓が開かない構造になっている建物もあります。

≪ BACK 1

2

3 NEXT ≫

今野 由奈

今野由奈です。
お金に関わる記事を投稿しています。現在貯金を殖やすために日々邁進中!投資、マイホーム、給料にかかわるところを書いています!