2019.07.21

マイホーム購入に適齢期はある?ベストタイミングを見極めよう!


住宅購入は、人生における一大イベントです。自分の不動産を手に入れる一方で、非常に多額のお金が出ていくことになります。メリットもあればデメリットも存在していますよね。

非常に大きな買い物だからこそ、気になりがちなのが「住宅購入のベストタイミングっていつなの?」という点です。住宅購入で失敗したくない!と思う方が、知っておきたい情報をまとめます。

 

住宅購入のベストタイミングはそれぞれで違う


住宅購入で失敗したくない!という気持ちが強い方に多いのが、「住宅購入に関する正解が知りたい!」という意見です。確かに住宅は、非常に大きな買い物です。画一的な正解というものがあるのであれば、ぜひ参考にしたい!と思う方も多いことでしょう。

 

しかし残念ながら、住宅購入のベストタイミングについて、100%正解と言える答えは存在しません。購入する時期によってメリットもあればデメリットも存在しています。だからこそ大切なのは、それぞれを正確に把握した上で、「自分たちにとってのベスト」を選択するということです。

 

住宅ローンの負担のことを考えるのであれば、20代で住宅を購入するのが良いでしょう。35年ローンを組んだとしても、現役世代の間にローン返済を終えることができます。

一方で、若い時期にそれなりの頭金を用意することは決して簡単ではなく、また家族の形が定まっていないケースも多いもの。また「さてこれから老後を迎える」という時期になって、すぐにリフォームの必要性が生じるという特徴もあります。

 

40代で住宅を購入すれば、無理なくローンを組める期間が短くなるかもしれませんが、その分頭金を貯める余裕は増えることでしょう。子どもがある程度大きくなっていれば、家族それぞれの意見を出し合って家づくりを楽しむこともできますし、「幼い子どもが暴れて、家が傷む」なんてこともありません。

 

こうした事情は、個人個人で異なっているもの。だからこそ、まずは自分たちの事情を考慮した上で、ベストなタイミングについて検討してみるのがオススメです。

 

>>NEXT 30代で住宅購入を決める人が多い理由

今野 由奈

今野由奈です。
お金に関わる記事を投稿しています。現在貯金を殖やすために日々邁進中!投資、マイホーム、給料にかかわるところを書いています!