2019.04.06

義父母・義兄弟との食事…会計は誰?で食事が喉を通らない

20190405kaikei01友人や同僚との食事会で、「誰がいくら支払うべきか」と悩んでしまう人は多いですよね。ましてや食事の相手が「義母」や「義姉」だった場合、さらに難易度はアップするもの。義家族との食事会は、どのような費用分担がベストなのでしょうか。

 

義家族との食事会は誰がいくら支払うべき?


義理の家族と仲が良いという30代男性は、「食事は楽しいのですが、支払いをどうすべきかいまだに模索中です…」と悩みを抱えています。男性は数カ月に1度、「義母・妻の姉Aの家族(3人)・妻の姉Bの家族(4人)・妻・夫」というメンバーで食事に行くそう。年齢的には義母の次に夫が年長となりますが、「私が全額支払った方がいいのか、それとも世帯ごとの割り勘にした方がいいのか」と立ち振る舞いがわかりません。

 

難しい立場に置かれた夫に対し、まず目立っていたのは“同情の声”。「義家族だからこそ、微妙な問題だよね…」「心中お察しします。どう立ち振る舞っても、何かしらの不満が出るのでは?」「自分がその状況だったら、後半は会計のことばかり気になって食事が喉を通らなそう(笑)」などの声が寄せられていました。

 

他に多く見られたのは、「交渉役は妻に任せるしかないね」「とにかく出しゃばらない方がいい」と“妻への一任”を促す声。「義家族の話だから、妻と義姉で相談してもらおう」「義母分をどうするかも含めて、姉妹で決めてもらうしかないでしょ」といったコメントが上がっています。

 

>>NEXT 過去に義家族と揉めた経験のある夫!

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。