2019.05.11

高級時計は男のロマン…どれだけ語っても妻の理解は得られないワケ

20190326tokei01高級車や高級食材といった、“高級品”に思わず惹かれる人は少なくありません。中でも高級時計は「仕事のモチベーションにも繋がる」「単なる“嗜好品”ではない」といった声が多く上がっています。しかし現実はそう甘くないようで…

 

「小遣いを減らす」「晩酌を控える」など出費を切り詰める案を出すも…


2児の父でもある営業マンは「『高級時計を購入したい』と妻に相談したのですが、2つ返事で断られてしまいました」と明かしています。納得がいかないそうで、「充分な収入だってあるはず。それでもダメなんてどうやってお願いしたものか…」と頭を抱えていました。

 

お悩みの声を受け、世のパパたちからは「高級時計の購入を断られた」というエピソードが続々と寄せられています。「高級時計は男のロマンだと、どれだけ語っても妻の理解は得られなかった」「僕は『小遣いを減らす代わりに、高級時計を買ってもいいかな?』と提案。妻からは『無理な相談』と一蹴されてしまいました」「営業に行った先で、みすぼらしい時計なんてつけたくない! 仕事のモチベーションにも関わると説明しましたが、妻は『買うな』の一点張り」「あらゆる折衷案を模索したのですが、結局ダメでした。『趣味に使うお金を全て節約する』という条件でも許してもらえません」など様々なお願いをしたそう。

 

>>NEXT 高級時計の購入に対して女性の考えは…?

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。