注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

やりくり上手さんのボーナスの使い方

マネー

2019.02.17

86-1

みなさんはボーナスをもらったらどのように使っていますか?貯金しているでしょうか。それとも前から欲しかったものを思い切って購入していますか?

ボーナスの使い道にはいろいろありますが、結局のところボーナスの最も上手な使い方とはどのようなものなのでしょうか。やりくり上手のママのボーナスの使い方を考えてみましょう。

■クレジットカードで支払う人が気をつけたいこと

生活費なども含めた支出はクレジットカード払いをする人も少なくありませんよね。クレジットカードを使えば現金では手に入らなかったようなポイントが手に入ります。大型の出費があればすぐにボーナス払いをしてしまう人もいるのではないでしょうか?

ですがクレジットカードは使い方によっては必要以上の出費をする原因になってしまいます。

例えばリボ払いは手数料がきついです。多用すると知らないうちに手数料がかさんでいつまでも借金が返せなくなってしまいますよ。

クレジットカード払いの怖いところは自分が何にどれだけお金を使っているかがわかりにくくなってしまうことです。また現金を直接使わないのでこれだけ減ったという実感がわきません。

クレジットカードをよく使う人が気をつけたいのはカードの利用状況を把握しておくことです。

利用明細の近くに見えるようなところに貼る、家計簿にはカードの利用額を記入するなどすると役に立ちますよ。

何にどれだけ使っているかが把握できたら利用金額や利用項目を減らす努力をしてみましょう。

ボーナスがすぐになくなってしまうという人はボーナスをあてにした使い方をしすぎています。ボーナスに手をつけなくても十分な貯金ができているようなクレジットカードの使い方が理想的です。

クレジットカードを使用しているとお金がどれだけ出て行ったのかがリアルにわかりにくいですが、クレジットカードの引き落とし専用の口座を作ってクレジットカードを使うことにその口座に現金を入金するようにすればお金が減ったという実感が湧くのではないでしょうか。

ちょっと面倒ですがボーナスを必要以上に使わなくするためには取り組んでみる価値がありそうです。

どうしてもボーナスに手をつけてしまうという場合はもらったらすぐに金融商品に変えてしまってもいいかもしれません。

そうすると気楽に使えなくなりますから資産として残りやすいです。

■できるママはボーナスをこう使う!

ボーナスを貯金するのはよい方法ですが、できるママやパパ達はボーナスを次のボーナスまでに支払うべき大きなお金に使うことが多いようです。

大きなお金とは住宅ローンのボーナス払い、車検費用、固定資産税、学資保険の一括払い、車の保険などです。

毎月の給料から少しずつ支払っているのでボーナスに頼る必要がないという家庭もありますが、多くの家庭では子どもの学費などで精一杯です。そんな時はボーナスに頼ってよいのですよ。

ボーナスでまとめて払う大きなお金が決まっているのなら普段の生活では少しずつ貯金をするように心がけてみるといいかもしれません。

世帯年収が500万円以上の家庭は毎年100万円以上貯金するのが常識だと言われています。

老後の生活資金、子どもの結婚式や学費など人生で必要になる大きなお金はいくつもあります。無理のない範囲で貯金をしていくことも大切ですね。

一方でまとまったお金をすぐに使うと損をするケースもあります。ボーナスを住宅ローンの繰り上げ返済にあてている方は多いですが、借入額が減ることで損をしている可能性があります。

どういうことかと言うと近頃の低金利により、住宅ローン控除額が支払ったローンの借り入れ金利を上回ってしまっているケースがあるのです。

そうすると支払った金利よりも戻ってくるお金の方が多くなります。そういうことであれば繰り上げ返済は必ずしもお得ではないですよね。戻ってくるお金の方が大きいのなら借入残高が高い方がよいでしょう。

必要だと思っている大きなお金の支払いにはこうした落とし穴もあります。お金を使う前にもう一度検討してみてもいいですね。

■積立定期預金をした方がいいタイプとは?

86-2

ボーナスの使い方によって積立定期預金をおすすめするタイプの人がわかります。それはボーナスを自分へのご褒美として思いっきり使ってしまうタイプです。

前から欲しかった家電、アクセサリー、洋服、旅行などにボーナスを使うのもよいですが、たくさんあったはずのボーナスが一瞬でなくなってしまうのはもったいないことです。

ボーナスがすぐになくなってしまうタイプの人は積立定期預金で少しずつお金を貯めていきましょう。

ボーナスを丸々残しておくと増やすことができるようになります。金融商品を買うなど資産運用をする道も開けますよ。

日頃欲しいものがあればそれが本当に必要なものかを吟味し、本当に欲しいと思ったら現実に買う日を設定します。

その日を目標として積立定期をスタートすれば、月々5,000円の積み立てで年間6万円の貯金ができます。

これくらいあればボーナスに頼らなくてもそこそこいい大型家電が買えますよね。

ボーナスの最も下手な使い方はもらった側からすぐに使ってしまうことではないでしょうか。

クレジット払いなどによりボーナスがすぐなくなってしまうという状況から抜け出せば貯金の楽しさや資産運用の方法もわかるはずです。

せっかくのボーナスですから、後悔しない賢い使い方をしましょう。

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【家計管理】その他の記事

家計管理
もっと見る