2019.02.03

バカにならない子どもの習い事費用……目安は家計の5%

87-1

みなさんは、お子さんにどんな習い事をさせていますか?まだ子どもが小さいから、という人もいれば、0才から始められる習い事をすでにされている人、いろいろだと思います。

今回はお子さんを持つご家庭がどんな習い事をしているか、その費用はいくらか、そしてどれくらいまでなら習い事にかけても大丈夫かなど、習い事に関するお金の話をしていきましょう。

1.イマドキの子どもはどんな習い事をしているの?

子どもって本当に何でも吸収してしまいますよね。昨日できなかったことが、今日はできてしまう。わが子はひょっとして天才か!?と本気で思うパパ・ママもたくさんいらっしゃることと思います。

そんな無限大の可能性を持つ子どもたちには、何でも経験させてあげたい、成長の芽を伸ばしてあげたいと思うのは、親として当たり前の感情。イマドキの子どもたちの多くが、小学校入学前から習い事をしています。

ちなみに、どんな習い事をしているかというと、小学6年生までの子どもの習い事ランキングでは、以下のような結果になっています。

1位:水泳
2位:英語・英会話
3位:ピアノ
4位:書道
5位:学習塾・幼児教室  
(子どもの習い事ランキング 2017年 ケイコとマナブより)

1位、2位は未就学、小学校低学年、高学年のどの年齢層でも不動でした。水泳は体力作りにはもってこいですし、これからの日本の国際化を見据えた英語学習もなるほど、という感じですね。

未就学児の場合は、ベスト5の中に体操やリトミックが入り、小学校の高学年では、体操が5位の学習塾などと同率でランクインしていました。

また、これから子どもに習わせたいと思っている習い事のランキングは、

1位:英語・英会話
2位:水泳
3位:書道
4位:学習塾・幼児教室
5位:そろばん

(子どもの習い事ランキング 2017年 ケイコとマナブより)

となっており、やはり英語・英会話が人気のようです。また、小学校高学年ではパソコン関連が4位にランクインするなど、IT化に対応できるように、少しでも早いうちに知識をつけさせてあげたいという親の願いがわかります。

今野 由奈

今野由奈です。
お金に関わる記事を投稿しています。現在貯金を殖やすために日々邁進中!投資、マイホーム、給料にかかわるところを書いています!