2019.09.10

気前の良過ぎる夫にありがちな「名前のない支出」

「気前の良い夫」と聞くと、どのような印象を持ちますか? 決して悪いイメージはないものの、妻からは「家計の事も考えて!」という不満も少なくありません。ネット上では気前の良すぎる夫をなんとか説得すべく、悪戦苦闘する人が多く見られました。

 

後輩や周囲の人に奢りまくる「気前の良すぎる夫」


結婚5年目を迎えた女性は、「飲み会に行くと必ず後輩に奢ってくる夫」への不安を明かしています。「後輩に奢るのは先輩の役目とはいえ、いくら何でもお金を使いすぎ… 飲み会の回数を減らせないか聞いても、『後輩のモチベをあげるため』などの理由で拒否されます」と手詰まりのようす。

 

実際に気前の良すぎる夫は多く、「結婚式で多額のお金を包む夫。人生に1度の大イベントだからと張り切ってるから、指摘するのも気が引ける」「周囲の人に飲み代を奢るから人望は厚いけど、家計を第一に考えてほしい。もう独身時代とは違うんだよ!」といった共感の声が相次ぎました。

 

中には「用途不明金になるから、奢ったりするのは極力控えてほしい」との声も。家計を管理する主婦は、夫の“計上できない出費”に困っているようですね。

 

>>NEXT 気前の良すぎる夫にアリがちな“名前のない支出”

河井奈津

フリーランス。子どもには腹8分目を勧めているけど、ついつい料理を作りすぎちゃうほど食べることが大好き。得意料理はカロリーの高いもの。ラーメンとカレーと丼ものが大好物。人生で何度目か分からないダイエット中。