2019.07.31

会計でお金が足りない…トラウマを抱えた人の再発防止策は「あそこに5000円」

現金を今いくら持っているのか、つい忘れてしまうことってありますよね。「お会計の際にお金が足りなかった」という経験がある人も多いのでは? ネット上でも、支払いに関するハプニングに見舞われた人が続出していました。

 

カードで緊急回避!? 支払い時のヒヤッと経験談


お金が足りなくて恥ずかしい思いをした人は多く、「この前スーパーで買い物をしたら、現金が足りませんでした。慌ててATMまで走ったけど、行列もできていたので気まずかったです…」などのエピソードが。他にも「さっきコンビニで買い物をした時に、3円足りなくて商品を返しました。さすがに小銭が足りないのは恥ずかしかったね…」「美容師さんと話していて『髪の毛を明るくした方が良い!』と言われ、急遽染めることに。しかし意外とお金がかかってしまい、支払いできなかった。次の日に返しに行ったよ」など、同じような経験が後を絶ちません。

 

もちろん、最悪のケースには陥らなかった人がほとんどのようです。「外食した時、食べ終わってから財布を忘れたことに気づいて背筋が凍った。たまたまPASMOを持っていてセーフだったけど…」「現金が足りなかったことは何回もあります。でもクレジットカードで支払いしたので何とかなったよ」といった声も。血の気が引くような経験ですが、“電子マネー”や“クレジットカード”で回避した人が多くいました。

 

>>NEXT “キャッシュレス化”だけじゃ工夫が足りない!?

河井奈津

フリーランス。子どもには腹8分目を勧めているけど、ついつい料理を作りすぎちゃうほど食べることが大好き。得意料理はカロリーの高いもの。ラーメンとカレーと丼ものが大好物。人生で何度目か分からないダイエット中。