2019.07.15

東京から愛知に引っ越せば100万円!?移住支援金制度が激アツ

東京五輪を翌年に控え、ますます首都への注目が集まる昨今。地方では“担い手不足”を解消するため、移住を支援する事業が活発になっています。先月には、愛知県も「東京からの移住を支援する」政策を打ち出して話題になりました。

 

<合わせて読みたい人気記事>

まだ通勤ラッシュで消耗してるの?新幹線通勤を視野に入れる会社員のリアル

 

1世帯あたり100万円は高い? 安い?


今回発表されたのは、東京から愛知に移住した際に最大で100万円の「移住支援金」を支給するという制度です。対象となる移住先の市町村は限られていますが、名古屋市や一宮市など代表的な都市はもちろん範囲内。就業先などの諸条件をクリアすれば、「世帯で移住すれば100万円、単身移住で60万円」の支援を受け取ることができます。

 

この発表に、「名古屋好きだから良いチャンスかも。移住したいな~」「東京で暮らすのも大変だし、引っ越そうかな」「愛知出身だから、旦那を説得してUターンしたい」と前向きな声が続出。

しかし一方で、「1世帯100万円だと、引っ越し代だけで相当減っちゃうよね」「愛知に住んだら車は必要だろうし、購入費用を考えると100万円って一瞬でなくなりそう」との意見も。当の愛知県民からは、「結構いいところだから来てみなよ!」「あんまり遊ぶところないかもしれないけど、暮らすにはいい街だよ」という声が相次いでいました。一部からは「ずっと愛知で暮らしてるのに… 移住する人が羨ましい!」「もう移住しちゃったよ! もう少し早ければなあ」という嘆きも。

 

>>NEXT 移住すれば牛がもらえる!? 個性的な移住支援

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。