2019.07.08

幼稚園から大学までの教育費とは?子育ての不安を解消しよう!

128-1

子どもの誕生は、とても喜ばしい出来事です。とびきりハッピーな気持ちと共に、徐々に湧いてくるのが教育費への不安です。

大切な子どものことはしっかりしたい……。でも「わからないからこそ不安になる!」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、子どもが生まれたときに知っておきたい、教育費についてのあれこれを紹介していきます。具体的な金額の目安や、貯めるための具体的な方法についても、ぜひ参考にしてみてください。

■子どもの教育費、どのくらい必要なの?

子どもの教育費は、子どもを育てていく上で、非常に大きな負担になると言われています。とはいえその金額は、子どもがどんな進路を選択するのかによって、大きく変わってくるポイントでもあります。

たとえば子どもが、幼稚園から大学まで、全て公立学校へと進学した場合、教育費の目安は約500万円だと言われています。

そのうち半分程度が、大学で必要となるお金となりますから、貯めるための余裕はまだまだあると考えられるのかもしれません。

一方で子どもが、幼稚園から大学まで、全て私立学校へと進学した場合、教育費の目安は約1,670万円と高騰します。

全て公立を選択した場合と比較して、3倍以上の金額になってしまうケースも多いということを、しっかりと頭に入れておきましょう。

私立を選択する場合は、大学でかかる費用が300万円~500万円となります。

とはいえそれまでに必要となる教育費も1,000万円以上という計算になりますから、小・中学校で必要な費用を支払いながら、いかに高校・大学費用を貯めていくかがポイントとなります。

また大学は、子どもが選ぶ学科によっても金額差が生まれてきます。文系よりも理系の方が、学費が高い傾向にあり、私立大学の医歯系学部では2,281万円にもなります。このあたりも考えながら、教育費はコツコツと確実に貯めていくべきだと言えるでしょう。

今野 由奈

今野由奈です。
お金に関わる記事を投稿しています。現在貯金を殖やすために日々邁進中!投資、マイホーム、給料にかかわるところを書いています!