2019.05.18

トイレットペーパーがもうない!消耗品の節約志向は家族にとってストレスか

20190401setuyaku01生活費を浮かすために普段から節約を意識している人も多いはず。コツコツと節約して、家計に余裕が出たらとても嬉しいですよね。そこで今回は、“家族の節約意識”について注目したいと思います。

 

消耗品は節約? それとも気持ち良く使うべき?


節約志向が高い妻は、日用品を遠慮なく使う家族に頭を悩ませているそう。そして、「みなさんは消耗品の節約ってどう対処しているのでしょうか?」と疑問を綴っていました。

 

ネット上には彼女と同じ心境の人が多くいるようで、「夫が全然節約してくれない。買ったばかりのティッシュがもうなくなった…」「口を酸っぱくして『節約!』と言っているのに私の家族は理解してくれません」「遠慮なく消耗品を使う夫に困ってる」「何度もお願いしていますが、協力してくれないのはなぜ?」といった声が。

 

一方で、“節約しない派”からは「消耗品は気持ち良く使うもの」という意見が続出。例えば、「節約ばかりしてたらイライラが溜まると思う。気持ち良く使ってほしい」「私が豪快にティッシュとかトイレットペーパーを使う人だから周りには強制できないです」「夫は多忙だから家にいる時ぐらいは何も気にしないでほしいかな」「消耗品は毎日使うもの。ケチケチ使ってストレスを感じたくないでしょ」といったコメントが寄せられています。

「安い商品を買う」という節約術に賛否の声

家族に「節約してほしい」と思う妻に対して、“リーズナブルな商品の購入”を勧める人が相次いでいます。「品質よりリーズナブルを優先すれば節約になると思う。例えば無名ブランドの商品を買うとか」「ボックスティッシュのケースを買うのがおすすめ。ティッシュの紙だけを用意すればいいから安上がりだよ」「消耗品をもれなく詰め替え用に変更した方がいい」といったアドバイスが。

 

しかし「商品を安くする」という意見には、否定的な声もチラホラ。例えば、「選ぶ基準を安い価格だけに絞るのは良くないかな。少し値が張ってもボリューム的にお得な商品もあるからね」「シャンプーやトイレットペーパーは人によって好みが違う。体質にマッチする物を買った方がいいのでは?」という意見が見られました。

 

>>NEXT 家族の節約意識は高い?

牧野聡子

ライターとしてメディアで執筆を行う。家庭ではゲーマーお母さんとして子どもと毎日バトル中。また、生活にかかわる最新情報に目がない。知らないことがあるととことん調べるため、パソコンとゲームを往復する生活を満喫中。視力が年々悪くなっている。