2019.04.27

家族カードはなぜ敬遠されるのか…最強のクレジット4枚も紹介!

家族カード1_shutterstock_491397595

クレジットカードの利用者なら、「家族カード」の存在を知っている人が多いと思います。でも、実際に持っている人は少なくはずです。お得じゃないから利用しない? 違いますよね。むしろその逆で、お得なのはもちろん、付帯サービス文句なし、ポイントだって貯まりやすい。そう頭では知りながら、あえて選択しない人もいるのではないでしょうか? 

 

「家族カード」の5つのメリット


「共働き世帯こそ、家族カードを持つべき。敬遠するのは損ですよ」

こう語るのは、クレジットカードの専門家であり、ポイント交換サービス『ポイ探』を運営する菊地崇仁さん。家族カードとは、クレジットカードの本会員の家族(家族会員)が所有できるカードを指します。夫をクレジットカードの本会員としたら、妻や子どもなどが同カードの家族会員になって家族カードを持てるということ。枚数には制限があるものの、複数枚発行できます。

「家族カードには通常のクレジットカードに勝る利点、特典が多数あります。共働き世帯にとってプラスのものばかりです」

まず、家族カードのメリットを見ていきましょう。5つの利点を紹介。

 

1 年会費が安い

 基本、家族カードの年会費は本会員の年会費より安く設定されています。

「夫婦別々で年会費有料カードを持つより、どちらかを家族カードとしたほうが維持コストは安い。本会員カードがゴールドやプラチナといったグレードの高いカードの場合、家族カードの年会費が無料というものあるのでお得といえます」

 

2 本会員カードと同じ付帯サービスや保険の補償がつく

たとえば、本会員カードに2000万円に海外旅行保険が付帯されていたら、基本的に家族カードにも同じ保険、金額の補償がつきます。また、本会員カードにコンシェルジュサービスが付帯されていたら、家族カードにも同じサービスがつきます※。

「本会員、家族会員がみんな同じ付帯サービスや保険の補償を受けられるわけです」

※一部、利用できないサービスもあります。

 

3 ポイントが貯まりやすい

家族カードを利用して得たポイントは、本会員に集約されて付与される仕組み。

「家族複数人で協力してポイントやマイルを稼げるので、一人で頑張るより確実に貯まりやすいですね」

 

4 家計管理がしやすい

家族会員のカード利用額は本会員の口座から引き落としとなり、利用明細も本会員のものにまとめて記載されます。

「カードの利用状況を一元管理でき、家計管理がしやすい。ムダを省き、節約につながるでしょう」

 

5 パートやアルバイトでもカードを持てる

一般的に、パートやアルバイトなどはカード審査が通りにくいと言われます。そんな人でも家族カードなら審査通過の可能性大。

「家族カードは本会員に対しての審査により発行されます。家族カードを望む人がパートやアルバイトなどでも関係なし。本会員の信用力が高ければ、審査パスとなります」

 

>>NEXT お得なのになぜ家族カードは敬遠されるのか

百瀬康司

フリーライター。キャリア20年以上。貯蓄、節約、投資、副業などマネー関連のノウハウとその成功者を数多く取材し、雑誌、Web、夕刊紙、書籍などで執筆を行う。