注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

月々の「通信費」をグッと抑えるポイント

マネー

2019.02.19

89-1

毎月かかる通信費に悩まされているご家庭は少なくないのではないでしょうか?スマートフォン代やインターネットの通信費は高くなると家計を圧迫します。通信費は固定費用ですからできれば大幅に安くしてみたいですよね。

そこで、月々の「通信費」をグッと抑えるポイントをご紹介しましょう。

■プランを変更する

スマートフォンは料金プランを見直すとお得になるケースが多いです。料金プランを検討するためにまずは3ヶ月ぶんの料金明細をチェックしてみましょう。料金の総額だけではなく内訳が書いてあるものがベストです。

加入している基本料金プラン、データ定額プラン、オプションサービスを確認します。明細書と一緒に1ヶ月の通話時間と通信データ量も確認しましょう。

3ヶ月ぶんの料金明細があれば平均的な通話時間やデータ通信量がわかります。それに合わせたプランに変更するのが通信費をグッと抑えるコツです。

通話時間が1ヶ月45分以上なら各キャリアのかけ放題プランにしましょう。電話をする時間が長い人はどれだけ電話しても基本料が変化しないプランが安心です。

1ヶ月に45分も通話しないという人はかけ放題のプランに入るのはやめましょう。その代わり1回の通話が5分以内であれば無料になるプランや同じキャリアのスマートフォン同士なら通話料が無料になるプランを選択してみましょう。

通信データ量にも同じことがいえます。平均的な使用量を把握してデータ定額プランを変更して見てください。

通信データが1ヶ月に2から3ギガバイトなら2ギガバイトの小容量プランを契約しましょう。あまりデータを使わないのに大容量プランを使うと損です。

1ヶ月に4ギガバイト以上使うようであれば各社が用意しているデータ定額プランの中で今使っているデータ量に近い数字のプランに変更してみましょう。

プランはいつでも変更可能です。ライフスタイルが変わったらデータ通信のプランも変更してみることをおすすめします。

スマートフォンの加入時に見落としがちなのが使っていないオプションサービスです。契約時にお店からオプションサービスに入ることをすすめられた経験はないでしょうか?

必要のないオプションでも最初の数ヶ月だけ無料で入ることを促されるケースがあります。

これを解約し忘れると使わないオプション料金を払い続けることになります。

オプションサービスを確認して本当に使っているかどうかをチェックしてみてください。

■ゲームへの課金を控える

オプションサービスと同様に知らないうちにお金を使ってしまいがちなのがスマホゲームの課金です。

最近ではお金を使ってガチャガチャをするゲームが増えています。目当てのキャラクターやアイテムが欲しくて利用する人も多いのですが、運要素が多いのでやみくもに課金するのは危険です。

ゲームへの課金は周りの人がしているとつい引っ張られてやってしまうことがあります。周りの人がレアなアイテムやキャラクターを手に入れると自分も手に入れられるような気になってしまうのです。

ゲームへの課金はクレジットカードで行われることが多いので月をまたいでから利用料金に愕然とすることもあります。通信費を抑えたいのならスマホゲームにお金を使いすぎていないかをチェックしてみてもいいのではないでしょうか。

自分ではスマホゲームをしていないというママでも子どもや旦那さんの利用状況を調べてみてください。

■プロバイダーを変更する

89-2

インターネット接続にかかる通信費を安くするならプロバイダーを変更してみるのもよいでしょう。現在はブロードバンドが当たり前になり光ファイバーを使った光回線を使用している人がほとんどだと思います。

プロバイダーを変更するだけで月々の通信費が安くなるケースがあります。光コラボレーションを行っている業者は新規契約者のために様々なキャンペーンやプレゼントを用意しています。

注目したいのはキャッシュバックです。新規契約で最大数万円ものキャッシュバックを行っている業者もあります。キャッシュバックの受け取り方法が複雑という口コミもありますが、インターネットにかかる料金をお得にしたいのならプロバイダーを変更してみてもよいのではないでしょうか。

キャリアのスマートフォンを使っている人であれば指定されたプロバイダーとセットで契約することでスマートフォンの料金が安くなります。

数百円程度の割引でも月々の通信費から差し引かれれば年間の通信費に差が出てきます。

auならau、ドコモならドコモ、ソフトバンクならソフトバンクが提供しているプロバイダーとスマートフォンをセットで契約すると最もお得になるケースが多いようです。

プロバイダーの利用料金には途中まで安いプランと最後まで安いプランがあります。前者は2年間など指定された期間だけ利用料金の割引がありますが後者は契約期間中であれば最初から最後まで契約時に提供された料金のままです。

ずっと使っているとかえって高くなってしまうプロバイダーもあります。プロバイダーは違約金が発生しないタイミングで適度に乗り換えるとキャッシュバックなどで結果的にお得になるかもしれません。

通信費は日々何にどれくらい使っているかをチェックすることが節約の第1歩です。場合によっては通信プランを変えるとお得にインターネットを使えますよ。検討してみてはいかがでしょうか。

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る