注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

Suicaポイント還元開始「ついに電車に乗るだけで得する時代がきた!」

マネー

2019.09.19

9月3日、JR東日本が“Suicaの鉄道利用でポイントを還元する”と発表。10月1日から開始予定ですが、早くもネット上では「ついに乗車でポイントが貯まる日がきた!」と歓喜の声が相次ぎました。

 

定期券の購入でもポイント還元!?


還元されたポイントは、JR東日本グループのポイントサービス「JRE POINT」に付与。適用されるのは、「JR東日本の鉄道のみ」とのことです。肝心の還元率を調べると、「カードタイプのSuica」が0.5%。「モバイルSuica」は2.0%で、種類によって割合も異なってきます。

 

「モバイルSuica」は一般的なカードタイプと違い、スマホや携帯電話などの携帯通信端末にSuicaを取り込んで利用するタイプ。専用アプリのダウンロードと会員登録が必要になりますが、携帯があればどこでも金額をチャージできます。さらに「モバイルSuica」を使うことで、定期券の購入の際にもポイント還元が。カードタイプには適用されないため、今後は「モバイルSuica」の利用者が増加するかもしれません。

 

Suicaのポイントが付与されるのは、在来線の乗車だけではありません。新幹線やSuicaグリーン券、加盟店での買い物などでもポイントが還元されます。貯まったポイントは「1ポイント1円」として、Suicaへのチャージや買い物時に利用可能。2021年春からは、えきねっとで「新幹線の座席アップグレード」や「新幹線・在来線特急のチケット交換」にも使える予定です。ただ「JRE POINT」は事前登録しておかないとポイントがつかないので、十分注意してください。

 

カードタイプの還元率は悪い?


「Suica」による新しいポイント還元制度について、ネット上では「営業の移動で、よく電車や新幹線を使うからありがたい!」「通勤や出張の時に有効活用できそう」「普段からSuicaを使っているので、さっそく登録します」といった声が続出。仕事などで交通機関を利用する機会が多い人にとっては、非常に嬉しい制度ですね。

 

一方で、「西日本の鉄道利用でもポイント還元できるようにしてほしい」「電車だけじゃなくてバスにもポイントがついたら嬉しいのにな」「私鉄だけを使う定期券はSuicaで作れないから、どちらにしろポイントが付与されない…」などポイント還元制度の範囲拡大を願う声も。

 

また「カードタイプのSuica」と「モバイルSuica」の還元率の差に関しても、様々な意見があがっています。“カードタイプのSuica派”からは、「2%はいいと思うけど、0.5%は低くない? 増税で電車賃も上がるし、せめて1%はほしいよね」「カードタイプを使い続けたいから、どちらも2%がいい」「モバイルSuicaは使ったことないけど2%は魅力的。カードタイプは還元率が低いのが残念」といった声が寄せられていました。

 

「Suica」は1番人気!?


Suica、PASMO、ICOCAなど今や全国規模で普及が進む交通系ICカード。実際に利用している人はどのくらいいるのでしょうか? パーク24株式会社は、以前「ICカードの所有と駐車場利用」に関するアンケート調査を実施。8021名の男女を対象に、「ICカードを持っていますか?」と質問しました。

 

結果を見ていくと、35%の人が「持っている(1枚)」と回答。2枚以上持っている人に至っては50%にのぼり、ICカード所持者の割合は85%という結果が出ています。

 

また同調査では、“利用しているICカードの種類”についてもリサーチ。「Suica」と答えた人が22%で最多となり、続いて「nanaco(18%)」、「WAON(15%)」、「PASMO(13%)」の順でランクインしています。利用率を地域別で見ると「東北」、「関東」、「甲信越」ではいずれも「Suica」が1位に。全国を通して「Suica」の人気ぶりが伺えました。

 

JR東日本の鉄道を利用する際は、Suicaのポイント還元制度をうまく活用していきたいですね。

 

文/古山翔

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【節約】その他の記事

節約
もっと見る