2019.09.22

家計が整うクローゼットの7:3の法則とは!?

タンスやクローゼットを開けたとき、服でパンパンになっていませんか?また、何年も着ていない服が眠っていることはないでしょうか?せっかく新しく購入した服が、タンスやクローゼットの奥底から出てくるケースもあります。買ってその後、日の目を見ない服があるというのは悲しいことですよね…。

 

今回はタンスの肥やしを反省し、服飾費をもっと抑えたいという方のために、コスパの良い服の選び方や買い物のコツなどについて紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

 

本当に必要な服だけを残そう!


女性が一番困っていることは、たまってしまった服を捨てることができない!ということではないでしょうか。買ってもすぐに着なくなってしまう服などもあり、放置していればどんどんたまっていくばかりです。

 

そこで、まず初めに起こす行動は「必要な服だけを残す」ということです。方法は簡単で、眠っている服を一度すべて出すことから始まります。

 

服の「棚卸」をすることによって、自分が今どれだけ服を持っていて本当に必要な服を把握しておきましょう。最近着た服とまったく着ていない服を分けることだけでも、大まかな選別ができます。

 

ここで使わない服は思い切って、捨てるなりフリマで売るなり処分しましょう。また、せっかく処分をしている最中なので、新しく服を購入するのはその時期だけでも控えてください。

 

>>NEXT 制服化すれば朝の身支度の時短にもなる

今野 由奈

今野由奈です。
お金に関わる記事を投稿しています。現在貯金を殖やすために日々邁進中!投資、マイホーム、給料にかかわるところを書いています!