2019.08.04

夏の光熱費が高い!節約テクニックでお得に快適に乗り越えましょう

夏は冬に負けないぐらい光熱費が高くなる季節。休日は朝から夜まで冷房をかけるご家庭も多いのではないでしょうか?熱中症対策のためにも、エアコンを使うこと自体は仕方ありません。ただ、光熱費は抑えたいですよね。そんなとき、夏の光熱費を抑えるためのテクニックを知っておけば負担を軽くできるでしょう。

■エアコンの電気代を導き出す計算方法をチェック

エアコンの電気代は、消費電力を元にした計算方法でだいたいの目安を導き出せます。

電気代(円)=消費電力(キロワット)×電気代単価(1時間27円/kWh)

27円という単価は「公益社団法人全国家庭電気製品公正取引協議会」が平成26年4月28日に発表した目安です。ただし、電力会社との契約内容や断熱性、クーラーの設定温度、さらにエアコンが最新か古いかによっても変わるので注意してください。

■光熱費を抑えるポイント

光熱費を抑えるためのポイントをご紹介します。ひとつひとつは、わずかな節約にすぎないかもしれません。しかし、これらを複数行えば結果的に大きな節約になるのです。

○掃除をすればエアコンが効率的に動作します

エアコンはきちんと掃除しましょう。フィルターが汚れていると、本来の性能を出せません。フィルターは空気を吸い込んだとき、ホコリなど異物が内部に入らないように防ぐ役割を持っています。汚れて詰まってしまえば空気をスムーズに吸い込めず、消費電力が大きくなるのです。

・その他のメリットとして、赤ちゃんにも悪影響を与えるハウスダスト対策にもなる

健康についても考えなければなりません。掃除をしないとエアコン内部でカビが繁殖してしまうからです。エアコンから吹き出るカビを吸い込めば、アレルギーや肺炎のリスクも高まるので注意してください。特に赤ちゃんなどはアレルゲンの影響を受けやすいため注意が必要です。

○室外機の周辺に排出を邪魔する物を置いてはいけません

建物内のエアコンだけではなく、室外機にも注目してください。室外機は室内の熱を外へ吐き出す役割を持っています。物を置くと、排出した熱を再び吸い込むこととなり、冷房効果が弱まるだけでなく故障の原因にもつながるのです。
また、直射日光が当たると室外機周辺温度が高くなり、熱を捨てられず電力を多く使うことになるため電気代も高くなってしまいます。使用するときは室外機周辺に日かげを作ったり、室外機カバーを機器の上にかけたりするなどして対策しましょう。ただし、排出口までカバーをすると意味がないので注意してください。

今野 由奈

今野由奈です。
お金に関わる記事を投稿しています。現在貯金を殖やすために日々邁進中!投資、マイホーム、給料にかかわるところを書いています!