2019.07.30

ポイントカードをアプリで整理する時代!ただし、落とし穴も…

せっかく同じ買い物をするならポイントを貯めたほうがお得。そう思っていろんなお店のポイントカードを財布に入れて持ち歩いている人は多いはず。その結果、生まれてしまうのが分厚くて重いお財布……。

 

そこで活用したいのがポイントカードアプリです。最近ではコンビニ各社や家電量販店などが独自のアプリを用意しているので、利用している人もいるのでは? とはいえ、アプリがないチェーン店ももちろんあります。

 

できるだけ持ち歩くポイントカードを減らしたい。そんな思いを叶えてくれるのが「Stocard」と「スマホサイフ」というアプリなんです。これらのアプリの使い方をご紹介しましょう。

 

カード情報を登録するだけでOK


「Stocard」も「スマホサイフ」も、さまざまなお店のポイントカードを登録できるアプリです。いずれもポイントカードの情報を登録すれば、アプリ上に表示した画面をポイントカードの代わりに使えるという仕組み。これなら大量のポイントカードを持ち歩かなくて済みます。

▲筆者が「Stocard」(左)と「スマホサイフ」(右)の登録したカードの一覧

いずれのアプリもトップ画面に登録済みのカード一覧が表示される

 

登録方法はアプリにより異なります。Stocardの場合は、ポイントカードのバーコードを読み取ったり、会員番号などを手入力すれば登録が終わります。

 

▲「カード」画面右上の「+」をタップすると、登録できるカードの一覧が表示される(写真=左)

追加するカードを選択すると、バーコードの読み取り画面が表示されるので、ここにバーコードを写す(写真=右)

 

スマホサイフは単純にポイントカードを追加するものだけでなく、店舗の会員サイトにログインして、ポイント内容を反映するといった場合もあります。

 

▲「カードを登録」画面で登録したいカードを選ぶ(写真=左)

「規約に同意してカードを追加」をタップ。NATURAL BEAUTY BASICの場合は会員サイトのログイン画面に移動する(写真=右)

>>NEXT Stocardの注意点とは?

今西絢美

家電やIT関係の記事を執筆するかたわら、
“おいしいものナビゲーター”として食の記事も執筆中。