コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

高級時計は男のロマン…どれだけ語っても妻の理解は得られないワケ

マネー

2019.05.11

20190326tokei01高級車や高級食材といった、“高級品”に思わず惹かれる人は少なくありません。中でも高級時計は「仕事のモチベーションにも繋がる」「単なる“嗜好品”ではない」といった声が多く上がっています。しかし現実はそう甘くないようで…

 

「小遣いを減らす」「晩酌を控える」など出費を切り詰める案を出すも…


2児の父でもある営業マンは「『高級時計を購入したい』と妻に相談したのですが、2つ返事で断られてしまいました」と明かしています。納得がいかないそうで、「充分な収入だってあるはず。それでもダメなんてどうやってお願いしたものか…」と頭を抱えていました。

 

お悩みの声を受け、世のパパたちからは「高級時計の購入を断られた」というエピソードが続々と寄せられています。「高級時計は男のロマンだと、どれだけ語っても妻の理解は得られなかった」「僕は『小遣いを減らす代わりに、高級時計を買ってもいいかな?』と提案。妻からは『無理な相談』と一蹴されてしまいました」「営業に行った先で、みすぼらしい時計なんてつけたくない! 仕事のモチベーションにも関わると説明しましたが、妻は『買うな』の一点張り」「あらゆる折衷案を模索したのですが、結局ダメでした。『趣味に使うお金を全て節約する』という条件でも許してもらえません」など様々なお願いをしたそう。

 

高級時計が欲しい夫に対して不満が噴出!


あの手この手で購入を試みる夫に、女性からはお怒りの声が噴出。「うちの収入で高級時計を買いたいなんて、分不相応にもほどがある!」「将来かかる子どもの教育費を全く計算に入れてない。身の丈に合ったものを使えばいいのでは?」「大枚叩いて買うものが、自分1人で使う時計。自己中心的すぎてがっかりしました…」「『営業先で安い腕時計をつけていると恥ずかしい』と言われたのですが、私には理解できません」「高級時計はモチベーションが上がると力説する夫。現状はモチベーションが低いということなのでしょうか? 子どももいるのに情けない」など厳しい意見が飛び交っていました。

 

一方様々な妻の不安を解消して、高級時計を購入した人もいます。あるパパは「小遣いを3年かけて切り詰め、やっと念願の腕時計を入手。妻には小遣いを貯めてからお願いし、『自分のお金で買うなら…』とOKしてもらえた」と語っていました。他にも「『買ってから色々なことを我慢する』のではなく、我慢して貯めたお金で買うべき」とのコメントが。

 

約半数の人が3万円未満の腕時計を使用している!?


では一体、人々が使っている腕時計の相場はどれくらいなのでしょうか? 日用品の流通情報などを取り扱う「株式会社プラネット」は、「腕時計に関する意識調査」を実施。現実的な腕時計の相場が明らかになっています。

 

男性を対象に「なぜ腕時計をつけるのか?」と聞くと、64.3%が「時間を知りたいときにすぐ見られるから・見やすいから」と回答。次に多かったのは「腕時計が好きだから」との理由で、35.3%という結果になりました。

 

次に「持っている腕時計のうち1番高価なもの」を尋ねると、最も多かった割合は24.3%で「1万円~3万円未満」。2位は「10万円~50万円未満」で20.7%、3位が「1万円未満」の16.7%です。およそ4割の人が3万円未満の腕時計をしていることに。

 

高級時計は魅力的ですが必需品ではないはず。無理のない範囲で欲しいものを買うほうがいいかもしれませんね。

 

文/古山翔

 

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る