コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「旦那が忘年会で会費5000円取られたんだけど…ないわぁ」と嘆く妻の胸中

マネー

2018.12.16

2019.12.11

20181206setuyaku1

12月に入るとやってくる“忘年会シーズン”。「お金がいくらあっても足りない…」「会費が高いんだよなあ」と思っている人も多いのではないでしょうか。とある女性は、旦那さんの“忘年会の会費”に頭を悩ませているようです。

忘年会の“会費”に驚き!?


今回の相談者は、“旦那の忘年会の会費”に頭を悩ませている一般家庭のママ。忘年会に行った主人が“5000円の会費”を取られてしまい、驚いているようです。奥様だけでなく、ご主人も「高くてびっくりした」と嘆いていました。

 

この相談に、ネット上では賛同する意見が続出。「確かに5000円は高く感じる」「うちの旦那さんの会費も高くて驚いた…」「忘年会って意外と高くついちゃうし、何回もあるとお金がいくらあっても足らなくなる」「懐事情を考えると、一回の飲み会で5000円はキツイ」「私の旦那の忘年会費も5000円でビックリした」「どうせなら安く抑えてほしいよね」といった声が上がっています。

 

さらに旦那さんが忘年会で行ったのは、高級料理店ではなく“普通のチェーン店”。この事実に、「高級料理店ならわかるけど、チェーン店で5000円は少し高すぎる」「普通のお店ならもう少し安くてもいいと思う」「“余計に支払ってる”って疑心暗鬼になる気持ちはすごくわかるなあ」「5000円は驚くのも無理ないわ…」といった反響が続出していました。

 

会社の忘年会費はどのくらい?


会社の忘年会費に頭を悩ませている人も多く、「給料日前とかに開催されると、本当にきつい」「会社から出してくれればいいんだけど、うちは自腹だからなあ」「参加しないわけにもいかないから、忘年会シーズンだとお金が吹き飛ぶ」「お酒が飲めないと凄く損した気分に…」「『お金が無いんで…』って断るのは申し訳ないから、しぶしぶ行ってる」といった声が上がっていました。

 

いったい忘年会の会費はいくらが理想的なのでしょうか? ネット上では、「3000円以内ぐらいが一番いい気がする」「自己負担なら3000円~4000円が理想的! 5000円だと行きたくなくなる」「5000円以下が妥当な気がするね」といった意見が。

 

また、「会社の忘年会は会社が出すべきでしょ」「役職によって金額を変えないと不公平感が生まれる」「逆に会社の忘年会は、お金をもらいたいぐらい」「理想をいえば会社の忘年会はタダがいいよね」「自腹だったら絶対に行きたくないよ」「半分は会社負担にしてくれると嬉しいな」といった声も上がっていました。

 

忘年会の参加率と現代の忘年会


以前までは“会社の忘年会に行くのは当たり前”という風潮もあったようです。現代の働く人たちは、会社の忘年会をどのように捉えているのでしょうか?

 

株式会社酒文化研究所が実施したアンケートによると、忘年会に「2回以上参加した」という社員は47%。「1回は参加した」という人が31%で、「一度も参加していない」という人も22%となりました。

 

職場で忘年会を行うことへの賛否を聞くと、「無条件で賛成」が50%、「会費が割安なら賛成」が40%、「反対」は10%と少なめの結果に。しかし、“女性”や“40代以下”に限ると「無条件で賛成」は10%に留まっています。

 

また、アンケートに答えた人たちから“会社の忘年会”について様々な意見が。「自由参加かつ、愉快に盛り上がれる忘年会を開催してほしい」「新入社員に余興とかを強制しない忘年会が理想かな」「会社の雰囲気にあった会場だと嬉しいね」「堅苦しいイメージだと行きづらいかも」といった意見が。

 

忘年会は、1年にあったことを総括する大事な会。みんなが納得する値段や雰囲気なら、気持ちよく参加できるのかもしれません。

 

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る