コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

和洋装で13万!ブームのフォト婚…でも将来後悔しない?

マネー

2018.10.31

20181030_wedding_01「女性の永遠の憧れ」というイメージがある“結婚式”。しかし時代の流れと共に、結婚式をしない夫婦も増えてきています。他にも式は挙げずに、「フォト婚」というドレスや和装の写真を撮るだけなんて人も。昔とは違いさまざまな形の“結婚”が増えてきた昨今、女性たちも結婚式に対する姿勢が変わってきているようです。

 

今どきの女子の流行“フォト婚”


煌びやかなウエディングドレスに身を包み、バージンロードを歩くのが女性の理想! なんて考えは昔の話。ある女性は、結婚式はせず記念にドレス写真だけでいいと思っています。お金もかかり何日も時間をかけて準備する式自体がめんどくさい様子。この女性だけが特殊なのかと思いきや、意外にも式を挙げていない女性たちは多いようです。

 

まず多かったのは“お金が勿体ない派”の意見。「式あげるほどの予算もないし、そこまで友達呼べる人もいなくてフォトウエディングのみにしました」「違う所にお金使いたかったし、招待状や披露宴の準備する時間も無いしね」「結婚式よりもハネムーンに力入れる!」「新婚で家具とか揃えるのにお金使って、結婚式どころじゃない」「参列する側も金銭面の負担大きいし」といった声が。

 

実際にフォト婚をした人からは「思い出の場所などに行ってロケーション撮影したけど最高だったよ!」「和洋装両方で13万くらいだったし、仕上がりもまるで式を挙げたようだったからおすすめ」「結婚式って祝ってもらうのが目的じゃなく、ウエディング着るのが目的だったしね」と、式は挙げなくても満足しているみたいでした。

 

結婚式は感謝の気持ちを伝える場


いっぽうでは、めんどくさくても結婚式は上げるべきと考える女性も多い模様。彼女たちは「家族や友人に“ありがとう”って言える場所でもあるからやったほうがいいと思う」「費用が無いなら仕方ないけど、普段会えない人たちとも会えるから私は賛成派」と、日頃お世話になっている人への感謝を伝える場と思っているようです。

 

さらに結婚式賛成派の人は、「身内だけでやればいいんじゃない?」「最近は派手に大人数呼ばないで小ぢんまりと身内婚する人も増えてきてるしね」「今の時代は地味婚なんてのもあるし」「せっかくの晴れ舞台だから家族だけにでも見せてあげなよ!」と家族婚を推奨していました。

 

他にもフォト婚にしたことを後悔しているコメントも寄せられており、「最初は写真だけでもいいって思ったけど、後になって結婚式したかったなと思うようになってきた」「友達から結婚式に参加したかったと言われて、少し後悔しています」「写真もいいけど、結婚式の動画とかを子供に見せてあげたいんだよね」といった声が上がっていました。

 

スマホで参加する結婚式?


結婚式を挙げない人の多くは、やはり金銭面やめんどくさいなどの理由がほとんど。これでは近いうちに、「若者の結婚式離れ」と言われてしまうかもしれません。しかしウエディング業界も日々進化し続けています。そこで今回は、“スマホ”で参加できる新しい結婚式をご紹介しましょう。

 

ニューロネット株式会社は、「Smart Wedding」というネット経由で結婚式に参加できるサービスを提供。一般的な結婚式で使えるのはもちろんのこと、レストラン・広場・屋外といったさまざまな場所で利用可能です。また費用を最小限に抑えたい人は自宅で行ったり、2人だけで海外で行うなど活用方法は無限大。友人に足を運んでもらうのが申し訳ないと思っても、スマホさえあればどこからでも式の風景を見ることができます。

 

ネット上では「結婚式とフォト婚の良いとこどりだね!」「フォト婚だけじゃ物足りない人にはピッタリ」「便利な時代になったと感心します」と絶賛の声が続出しました。時代の流れと共に、これから益々“新しい結婚の形”が増えていくかもしれませんね。

 

文/内田裕子

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る