コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

元手0円でも懸賞で1000万円儲かるコツ「だから全然当たらなかったのか」

マネー

2019.10.19

懸賞に当選すると、無料で商品などがゲットできるのでお得ですよね。しかし応募者が多いため、「なかなか当たらない…」という人も少なくありません。そこで今回は、懸賞に当選しやすくなるコツを紹介していきましょう!

 

懸賞の狙い目は12月&1月!?


10月1日に放送された『幸せにしてあげるわよ~女王が教える目利きワザ~』(フジテレビ系)では、「元手0円で1000万円以上儲けた懸賞の女王」を特集。

3人の育児に励む平山佳苗さんは、今までにウォーターサーバー(約10万円)やオーブンレンジ(約7万円)などを当ててきました。中でもひと際目立ったのは「スイカ柄の車」。某テレビ番組の懸賞で、全国の応募者から見事選ばれたそうです。

 

1年間での当選回数はおよそ400~500回という平山さん。

懸賞が当たりやすくなるコツとして、スマホを使った「SNS懸賞」をおすすめしています。例えば企業の投稿をリツイートするだけの「Twitter懸賞」や、実際に商品を撮影して応募する「写真懸賞」。平山さんはこれらの「SNS懸賞」で100回以上も当選していました。

 

また懸賞の狙い目ポイントには、「12月のクリスマスプレゼントシーズン、1月の新春プレゼント」とコメント。豪華な商品が出やすく、主婦にとって忙しい時期のため応募数が減るとのことです。

 

締め切り直前の応募がベスト!?


狙い目の時期以外にも、“応募者が少ない懸賞”がありました。

それは、新聞の折り込みや駅などでもらえる“フリーペーパー”。平山さんは“とても良い懸賞が載っているのによく見ずに捨ててしまう人が多い”と語っています。応募者が少ない分、当選確率も上がるため今後は注目してみると良いかもしれませんね。

 

さらに“応募するタイミング”についてのコツも伝授。

Twitterで懸賞に応募する場合、「締め切り直前」がベストなようです。理由としては“最新の投稿は上に表示されるので、企業が選ぶ時目に留まりやすい”といった分析が。

 

応募するタイミングはわかりましたが、数ある懸賞の締め切り日を全て把握するのは至難の業ですよね。そこで平山さんが教えてくれた裏技は“検索機能”でした。

検索方法は「フォロー 8/30」など、「フォロー」という単語と“応募したい日づけ”を入れるだけ。その日締め切りの懸賞が検索結果に出てくるため、毎回探す手間が省けますよ。

 

ちなみに「SNS懸賞」に応募する時は“個人情報の流出”に注意してください。関係ないサイトへの誘発や「LINE ID」の登録を促す懸賞には、悪質なパターンが多いようです。

 

懸賞用アカウントを持っている人も!


視聴者からは、「Twitter懸賞は全然当たらなかったから、コツが知れて良かった!」と歓喜の声が続出。Twitter懸賞に参加する人は少なくありませんが、実際どのくらいの人がやっているのか気になりますよね。

そこで、今年実施された「Twitter企業アカウント利用に関する意識調査」(アライドアーキテクツ株式会社調べ)の結果を見ていきましょう。

 

まず同調査では、「Twitter企業公式アカウントのキャンペーンに参加したことはありますか?」と質問。Twitter利用者1102名の内、「参加したことがある」と答えた人は68%でした。その人たちに“キャンペーン参加時に使用するTwitterアカウントの種類”をたずねたところ、「自身のプライベート用」が69.7%という結果に。「懸賞応募用」との回答は24.2%で、キャンペーン参加者の4人に1人が“懸賞応募用アカウント”を使用していることがわかります。

 

またTwitterアカウントを1つ以上保有する人を対象に、“自身が保有するTwitterアカウントの種類”をリサーチ。「自身のプライベート用」といった回答が89.8%で最も多くあがる中、「懸賞応募用」は18.1%と約2割近くにまで及びました。

 

もしちょっとした空き時間がある時は、ぜひ懸賞に応募してみては?

 

文/長谷部ひとみ

参照/アライドアーキテクツ株式会社「Twitter企業アカウント利用に関する意識調査」https://service.aainc.co.jp/product/echoes/voices/0012

あなたにオススメの記事

マネーテーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る